鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



オス猪は美味でした。 :: 2016/02/23(Tue)
師匠から連絡があり、「●●君、猪が罠に掛かったけー、手伝いに来れるか?」

私、「ハイ、直ぐに行きます。」

20160221 (3)

40キロのオスの猪です。

この時期のオス猪は痩せていますね。
いつもと同じことを書きますが、メス猪を探して山中を駆け回っているからだそうです。



※解体写真は批判が多いので割愛します。




師匠と2時間程度で処理を完了し帰宅。

20160221 (4)

そして、即、トンカツ!

背ロースの部位を使用しましたが、最高の味で、私が過去に食べた猪の中で一番おいしいと感じました。

子供が、3枚、4枚と食べ続けます。
息子、「お父さん、これ美味しい~」と連呼

この時期のオス猪は、あまり美味しくないとの言葉はどうだろうか?
師匠は、「オスじゃけど、40キロぐれーじゃけーそこそこいけるよ」と言っていた。

何はともあれ、猟師歴40年の師匠の血抜きの手際の良さ、スピード、処理の方法は神業。
だから、オスでも美味かったのだろうか?


猪の命に感謝して、狩猟を続けて行きたいと思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4
<<猪鍋と猪レバニラ炒め | top | ミロク・MSS-20CPを譲渡>>


comment

いいな~。解体の仕方見たいです、血抜きの仕方すげ~教えてほしいです。いいな~。
  1. 2016/02/23(Tue) 21:35:28 |
  2. URL |
  3. 山の幸 #-
  4. [ 編集 ]

子供達が美味しいと言ってくれるのは嬉しいですね。
  1. 2016/02/23(Tue) 22:55:07 |
  2. URL |
  3. うんこ #-
  4. [ 編集 ]

山の幸さん

以前は解体の写真や手順など書いていたのですが、、、、、
いろいろな御批判がございまして、、、、



うんこもれたさん

そうなんですよ!
子供たちの言葉が嬉しいですね~


  1. 2016/02/24(Wed) 21:34:52 |
  2. URL |
  3. 管理者 #-
  4. [ 編集 ]

命を食べて生きている私は少しでもおいしく食べたいと思います。
実家の畑や田んぼの作物を食い荒らすサル、シカ、イノシシは憎たらしかぎりです、田畑を荒らされた人の気持ちが分かれば批判など・・・。 すみません。
  1. 2016/02/25(Thu) 23:19:32 |
  2. URL |
  3. 山の幸 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nougyousuisinotoko.blog.fc2.com/tb.php/610-52e67ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。