鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



素人でも出来る!薪ストーブの煙突設置完了 :: 2012/03/05(Mon)
やっと、最終工程に入ってまいりました。
3月に入り、薪ストーブのシーズンは間ものなく終了なのですが、仕事しながら何とかできました。

CIMG7003.jpg

家と煙突を固定するステンレスの支え脚を購入して接続します。

脚の長さは、30センチ・45センチ・60センチ・75センチ・90センチと様々なので、私のような素人は、途中、途中でサイズを測りながら、たびたびホームセンターに行き、部材の余分が出ないように心掛けました。

CIMG7013.jpg

煙突の先っぽを見てください。

直線型ですが、その他、H型にT型が有り、様々ですが、私は一番スマートに見える、直線型にしました。

排気性能はよく分かりませんので、排気の件は、また、改めて掲載します。


CIMG7022.jpg

なんとか取り付けできました。
ひもで、部分的に固定して作業します。

CIMG7028.jpg

プロはどうしているのか知りませんが、接続はただ単に差し込んでほっとくのではなく、ステンレスビスで接続の補強を行ないました。

引っ張っても絶対に抜けません。
風が強い時などでも、びくともしません。

ビスを打たないと、グスグスの箇所もあるので、そのままでは不安です。


※必ずドリルであらかじめ穴を開けて、ビスを打ち込みます。

接続ビスはケチらないで、ステンレスビスを使用します。
通常の安物のビスだと、後々錆びて、かっこ悪くなるのがおちなので。

CIMG7036.jpg

水平機(磁石つき)が必ず必要になります。

東西南北、全ての水平を出さないと、綺麗な仕上がりになりません。

何度も言いますが、絶対に水平機の磁石付が必要です。

CIMG7041.jpg
CIMG7042.jpg

破風の部分に腕を取り付けました。

破風は化粧の檜を使用していましたが、この度は仕方ありません。

CIMG7048.jpg

ひもで吊るして、微調整をしながら固定していきます。
必ず、ひもで吊るして、調整する事をオススメします。

CIMG7057.jpg

ざっと、こんな感じで完成です。

やっとここまで来たか~って感じで嬉しいです。

CIMG7001.jpg

今日は、愛犬のコタローも連れてきています。
廻り近所、ずーと先まで誰も居ないので、放しています。

ヤッパリ、自然がいいよ!

頭のしわがすごいでしょ





  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
<<中国製発電機の死角 | top | 合決まり=あいじゃくり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nougyousuisinotoko.blog.fc2.com/tb.php/39-69ac681c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。