鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



五右衛門風呂の基礎の施工 :: 2013/03/27(Wed)
今日は露天風呂の基礎を施工しました。
天気も良く、仕事がはかどります。

今日は、日立建機レンタル部からプレートを借りて来ました。
サイズ40です。
1日・1100円でした。

201303273.jpg

三共リースより、だいぶん安い。そして、機械も新しい。
日立建機の場合、60サイズでも1200円

三共リースは、機械がボロの上、レンタル代も高い(過去の投稿を参照)
それはさておき

201303272.jpg

まずは、粘土質の土を平にして、ランマー(転圧機)をブイ~ンとひたすら走らせます。
しっかり固まるとOKです。

201303275.jpg

そして、先日購入した砕石を5センチ程度の厚みで敷く。
5センチと言っても、適当です。
だいたいでばら撒き、薄いところは、スコップで入れる。
それの繰り返しで平にして行く。

素人ほど、参考書通り、5センチなら5センチとしないといけないと考え、手間と時間をひたすら掛ける。
無意味です。プロでも多少の誤差は適当です。(※あくまでも私見で述べています。)

201303278.jpg

自分の感覚で平行にして行きます。
少々の誤差は関係ありません。
仕上げのセメント注入時に、真っ直ぐします。

写真では、砕石が白く見えますが、乾燥して、真っ白です。
見えにくいですが、転圧をしっかりと行い、綺麗に真っ直ぐになっている感じです。

本当に、建築や土木の「原価」って非常に安価。
自分でやれば、タダみたいなものです。
これから完成する、今の作業の見積もりを、他の業者で取ったけど、原価4分の1で自分で完成させれる。

暇な自分の時間を有効に使えば、誰にでも出来る。
読者の皆様には、是非、全てを自分で行なう事を、1番に考えて欲しいです。
やる気になれば、必ず完成させれます。
やる気です。

次回は、セメント注入に備えて木枠を組みます。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
<<五右衛門風呂の基礎の枠組み+BOSCH GLM80 | top | 記録・3月23日(晴れ)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nougyousuisinotoko.blog.fc2.com/tb.php/156-bb23bda1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。