鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



簡単!倉庫建築・その4 :: 2013/01/15(Tue)
前回は束石の設置まで書きましたが、本日は、柱を立てます。
直立させる為、丁張(ちょうはり)で使用した、杭はそのままにして、再利用します。

201301152.jpg

柱を釘で固定するより、ビスで固定した方が、抜く時に楽です。

そして、束石に垂直に立木させる時、丸太なので水平機が使えないので、目見当です。(だいたいで大丈夫です。)

201301153.jpg

ジュンテンドーでいつも購入している780円の束石です。
天場が真っ直ぐではありません。

この天場が真っ直ぐでないのを、ピタット合わせるには。

1、丸太の端をノコギリで真っ直ぐ切ります。

2、丸太を、直角に真っ直ぐ切るのは、プロの大工でも難しいです。

3、当然、私は、真っ直ぐ切れません。

4、天場が真っ直ぐでない束石と、真っ直ぐ切れない柱の根元を、クルクル回しながら、合う面を探します。

5、必ず、どこか、一ヶ所合います。

6、それが、上記、写真です。 6本共に、全部、ピッタリと合いました。(※一つとして、直角に切れていない証拠です、、、、汗)

201301154.jpg

屋根張り時に屋根の上に乗るので、何箇所かは、しっかりとした木の根っこや、しっかりとした杭に支えをビスで繋ぎます。
丁張りの支えだけでは心配です。
東西南北、4箇所はしっかりとした支えが欲しいです。(※ここで手抜きをすれば、グシャっと倒壊します。)

201301151.jpg

以上、こんな感じで6本を立てました。
最初からの所要時間、約8時間程度です。

ここまでくれば、どんどん進んでいくのですが、朝は寒くて手が動かないんです。
地表もカチカチです。


※嬉しいコメントありがとうございます。少しでも参考になるように、出来るだけ頑張って詳細に御伝えして参ります。引き続き宜しくお願いします。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
<<簡単!倉庫建築・その5 | top | 肥松+焚き火+薪ストーブ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nougyousuisinotoko.blog.fc2.com/tb.php/129-267f183f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。