鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



日立建機 EX-30Uのバッテリー交換 :: 2017/03/31(Fri)
ミニショベルのバッテリーが上がりましたので交換したいと思います。
メーカーにお願いすると数万円です。

20170330 (10)

アマゾンで6,980円でした。
バッテリーは→ 90D26L

20170330 (9)

まさか踏み上がりの下にバッテリーが収納されているとは思いませんでした。
中が土と小石だらけ、、、、設計者、少しは考えたのでしょうか?
雨、泥、すごいですよ。この場所は

バッテリーの収納箇所が分からなくてネットで探しましたが分からなかった、、、、
まさか、「ここに」って感じですよ

100万人に一人ぐらいしか必要のない情報ですが・・・・・どうぞ

20170330 (11)

どこやかしこを開けて、すごく時間が掛かった~ 参った参った・・・汗

メーカーに聞いたら「座席の下」って言うから参ったよ、、、、

20170330 (1)

完了! ふ~~

スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



ジビエ料理の講習会 :: 2017/03/29(Wed)
本日は、ローカルニュースの内容についてです。
ジビエ料理の講習会があったそうです。

20170323 (2)

部位について

20170323 (3)

ジビエについて女性の活躍が素晴らしいですね。

2017032110.jpg

鹿肉についてですが、低温オイル漬け(湯せん)が良いとの事です。
講習を受けられた方の評価のコメントですが良かったです。

20170323 (1)

ふむふむ。勉強になりました。
一度、真似してやってみようと思います。

来年は鹿を獲るぞ!

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



今日も猪焼き肉 :: 2017/03/27(Mon)
※本日は、プライベートな話で失礼します
※友人が先日、「今年は、猪のBBQに呼んでくれんのじゃな~」って言いました。


時間が出来たので、今日も猪焼き肉です。

20170322 (1)

厚みは3ミリ~4ミリで切りました。
塩胡椒をしっかりしました。

これが一番うまい仕込み方とだと思います。

焼き肉のたれは不要です。

20170322 (2)

猪肉+野菜とビール = これだけでいい

20170322 (3)

炭は備長炭にしました。
もう!完璧な食し方です。

焼き過ぎないように、一枚一枚、ビールを飲みながら、味わいながら食します。
猪肉の噛みごたえ・噛めば噛むほど出てくるコクと旨み・香ばしい脂身・いぶされた炭の香り、も~~たまらない。


毎年、自宅に友人たちを呼んでジビエを楽しんでしましたが、今年は呼ぶ気がしません。
ウマすぎるので、全部、自分で食べます。
30キロ全部、食べます。


何名かの友人が当、ブログを読んでいます。
ここで、伝えます。

「こげーうめー猪肉は、一枚たりともやらん」(笑)

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪の解体小屋を建てる・その1 :: 2017/03/24(Fri)
今日は猪の解体小屋を建てます。
春で過ごし易く、気持ちよく建てれそうです。

2017032101 (1)

この水槽で魚を養殖する予定でしたが計画を変更しました。

2017032101 (2)

丸太の根元が腐っているのでチェーンソーで切り飛ばします。

2017032101 (3)

丸太を真っ直ぐ切るのって、本当に難しいですよね

2017032101 (4)

本日は、「先負」なので棟上げは午後からにします。

よって、お昼にします。

2017032101 (5)

沢水でコーヒー
気持ちが豊かになる。

12時過ぎたら始めますよ!

2017032101 (6)

ドリルで穴を開ける。

2017032101 (7)

柱を立てる個所に羽子板

2017032101 (8)

よいしょ、よいしょ

真っ直ぐ、立ちました!

真っ直ぐいいように切れている

2017032101 (9)

ボルトを通して、固定して

2017032101 (10)

梁を乗っけて、ボルトで固定

ホゾ無しなので、代わりに天辺からコーチをブチ込みます。

2017032101 (11)

残り4本柱を立てて、梁を乗っけて、垂木を流しました。

勾配は、1寸5分

夕方になりました。
本日は、垂木を2本流して作業は終わりです。

明日は、友人たちと吉備路の山全山縦走35キロに参加するので早々に帰ります。
屋根までは仕上げたかったが残念です。

棟上げって高い所で作業するから、すごく疲れる
明日、大丈夫じゃろーかな~、、、、


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



狩猟歴9年の女性猟師の話 :: 2017/03/22(Wed)
最近、テレビでジビエ料理と猟師の話がよく出ますね。

その中で、先日の放送で書き留めたい内容がございました。

20170321 (1)

猟師で料理も出来るが一番ですね。

20170321 (2)

お店で料理を出すとの事で予約ですぐに一杯になるとの事でした。

20170321 (3)

単独猟だとの事です。

女性なのにとか言ったら叱られますが、女性なのにすごいな~  

20170321 (4)

年間10頭

スゴイっす!

20170321 (5)

9年目ともなると素人ではない動き

スタスタスタ、と動き早かったです。

20170321 (6)

やる~!

20170321 (7)

わかるわかる。
おいらも食べるのが一番!

美味しいし!

20170321 (8)

それもおいらと同じ

自給自足だよね~!

20170321 (10)

それもわかるよ~

スゲー 肉の量だもんな~
美味いし、最高だよね

20170321 (11)

猟師・罠師・香川県の推移

20170321 (12)

ヒヨドリが美味しいとのことです。
師匠もヒヨドリがうまいと言っていたな~

次のシーズンで獲ってみよ

20170321 (13)

最初はヒヨドリ狙いで猟師になったのですか!

なるほど~
それほど美味かったのですね

スゴイ、行動力!
敬服します。

20170321 (14)

ヒヨドリの炭焼き
美味そう~~~


真鍋さん、勉強になりました。
僕も頑張ります!
ありがとうございました。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



忍び猟3回目・今シーズン最後の猟 :: 2017/03/20(Mon)
※当ブログの出来事は、10日程度遅れて掲載されています。

鹿を求めて3回目の忍び猟です。
そして、今シーズン最後の猟となりました。

20170320 (1)

本日は弟子と2人で山に入ります。
山小屋から少し離れた所から入山!

20170320 (2)

ゆっくり息を殺し、無心で進んでいきます。
牛歩の様にゆっくり、音を立てないように。

20170320 (6)

鹿の糞です。
乾燥しています。

鹿たちは我々をどこかから見ています。
それを私は感じます。

20170320 (4)

谷が深い、ここで現れたら大変な事になると感じますが鹿が見えない。

20170320 (3)

今度の鹿の糞は生です。
一粒潰すと「ネチャ~」としますね。

必ず、居る。
鹿がどこかに居る。

先ほどまで、鹿がここに居た。

俺たちを見ている。

20170320 (5)

歩きはじめて4時間


立木の奥から「ギーコ・ギーコ、ギーコ」と聞こえる。

私はオス鹿が立木で角を研いでいると思った。


銃を構えた。


谷の対面で桧と杉の林で針葉樹なので落葉していない。
目線と音の発生源の高さが同じで葉が生い茂り見えない。


見えた瞬間、撃とうと待つ。


ひたすら待つ。


1分



3分経過



見えない



5分


10分



長い・・・・・見えない


最後は音が鳴り止んだ。


何だったのか、、、、、
分からない。

もっともっと経験し、修行しないといけないと思う。
銃を所持し5年目、狩猟を始めて3年目が終わりました。


自然と頂いた命に感謝しています。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



今シーズン初のグループ猟 :: 2017/03/17(Fri)
※当ブログの出来事は、10日程度遅れて掲載されています。


今日は、師匠とグループ猟です。
今シーズン初です。

20170314 (2)

O師匠から、「●●さんは、ここに入って~」って言葉を頂き、待ちに入ります。
(※「待ち」とは、犬に追われて逃げてきた猪を射手として待つ事です。)

20170314 (3)

猪の通り道を確認して、ここなら4本の猪道を押さえる事が出来ると判断して待ちに入りました。

出来るだけ多くの猪道を広範囲に押さえる事が、猪を獲る事が出来る条件ではないでしょうか?

20170314 (4)

少し高い位置に陣取り、猪の通り道をよく確認できる場所を確保して、邪魔な枝は取り除きます。

20170314 (5)

猪道はよく使用された道でないと猪は通りません。

以上の内容で待ちに入りましたが、猪は出てきませんでした。
残念です。

私のような素人でも経験を積めば少しですが猟師に近づいていると思います。
猪道も新しい古いも分かって来ました。
待ちの場所も、どこが良い場所かも分かって来ました。少しですが。

シーズンがもう少しで終わります。
来年は、もう一枚皮の剥けた猟師になりたいと思います。

20170314 (1)

本日のグループ猟が終わりました。

すると、S師匠が、FURUNO(ドッグナビ)を持っていました。
猟犬の場所、自分の場所がGPSで分かる代物です。

「めちゃくちゃ欲しーい」です。

自宅に帰り購入しようと、アマゾン、楽天で調べると、、、、、
16万円・・・・・・・・・
値引きなし・・・・・・・

高い・・・・・・・(汗)

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



今日も猪焼き肉楽しいな!+「おかやまジビエ」 :: 2017/03/15(Wed)
今日も一人猪焼き肉をします。

自分で獲ったから美味いのか?本当にうまいのか分かりません。
とにかく、もう!やみつきです。

20170313 (12)

冷凍した猪肉がシャーベットぐらいになると切りごろです。

冷凍する時にダンゴ状で冷凍するのではなく、平べったく冷凍しておくとサクサク切れて良いですよね。

20170313 (1)

出刃包丁で切ると切りやすいですね

少し薄目の方がおいしいと私は思います。

20170313 (5)

塩胡椒は少し多めに

20170313 (15)

一人前に分けて毎日、食べれるようにしておきます。

20170313 (21)

日本酒の冷と猪肉が最高です。
この歯ごたえと旨み、たまらんです。

同日夜、食堂でポークソテーを食べたのです。
旨みやコクのなさに、養豚とのあまりの違いに驚いた次第です。


自給自足、山での生活を目指されている方、頑張って猪を狙って行きましょう!
素人の私が出来たのですから、必ずヤル気になれば出来ます。
自給自足、男のロマンじゃないですか。
一度しかない人生、悔いのないようにやりましょう!

20170313 (29)

前置きが長くなりました。
それでは本題に

岡山県が獣対策に力を入れている話は過去に何度かブログでもお話ししたと思います。

記事を読んで頂けるとお分かりだと思いますが、「おかやまジビエ」ってブランド化を2017度からするんですって
PRや販路開拓に力を注ぐとの事。


この県議ら何も分かってない●鹿ですね~
その前に、猟師がすぐに持ち込める精肉工場を県内に10か所位つくればいいのに

とにかく、衛生的な解体が一番重要だと思うのですよ
一人で解体するのは大変ですから、精肉工場に持ち込めば、解体・精肉もしくは販売までしてくれれば伸びると思うのですがね~

上齋原村の猟師の話だと、猪を3日程度流水に漬けとくと臭み、血抜きなどがよく出来るとの事
フグの肝の血抜きと同じですよ。もんでもんで、、、、流水で
全ては、やりようですよね

まあ、私のような素人が影響力ゼロのブログで、何をほざいても無意味だと言う事はよく分かっていますが、、、今の無駄に税金を使う現状は残念です。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



<給食>高級食材ジビエ “一石二鳥獣”の試み :: 2017/03/13(Mon)
毎日新聞 3/13(月) 12:34配信

レストランの高級食材として最近人気の「ジビエ」(野生鳥獣の肉)を給食に出す学校が増えている。増えすぎて捕獲されたシカやイノシシを給食に出すことで、子どもたちは命の尊さを学び、消費拡大にもつながるという“一石二鳥獣”の試み。うまくいくのだろうか。【渡辺諒】

「子どもたちの評判も上々」。多くを森林に囲まれた和歌山県古座川町では、四つの小中学校で、2015年度から給食にジビエを取り入れた。同町教育委員会の担当者は「ジビエは価格の高さが難点だが、命を大切にいただくことを教えるうえで最適な教材」と話す。

 狩猟解禁期間の11月から3月に月1回のペースで提供。子どもたちが食べやすいようにシカ肉を使ったバーガーやカレーなどくさみを減らす工夫をした。同町内ではシカによる農作物への被害が深刻化。捕獲した鳥獣を無駄なく食べようと給食への活用を決めた。

 同町のほかにも、西日本を中心にジビエを給食に出す学校が増えている。麻布大の押田敏雄名誉教授(家畜衛生学)らの調査によると、今年1月現在、ジビエ給食を出した自治体のある道府県の数は25(53%)に上る。押田さんは「子どものころからジビエをおいしく食べれば、将来の消費拡大につながっていくだろう」と期待を込める。

 消費を増やそうと国も一肌脱いだ。文部科学省が15年12月、学校給食の栄養指導などで基礎データとして使われる「日本食品標準成分表」に初めてシカ肉を掲載したのだ。シカ肉はたんぱく質が豊富である一方、牛肉や豚肉に比べ脂肪は3分の1~10分の1でとてもヘルシー。鉄分は2~5倍だ。レストラン関係者らで作るNPO法人「日本ジビエ振興協議会」は今年3月から一般社団法人に変わって、消費を推し進めようとジビエサミットの開催などに取り組む。

 官民挙げて消費拡大を進める背景には、農林業被害対策の一環で野生鳥獣の捕獲数が年々増えていることがある。農林水産省と環境省によると、農業被害額は全国で約191億円(14年度)にのぼる。13年度の捕獲数はシカ約51万頭、イノシシ約45万頭。シカは10年前に比べ3.2倍捕獲されているが、食肉利用は約1割にすぎない。残りが処分されるのは「もったいない」というわけだ。

 ◇衛生管理が課題、学会設立を準備

 ただ、野生の食肉だけあって安全面は重要課題。都道府県が認可した施設の肉を給食に出しているため、一定の安全性は確認されている。しかし、牛や豚の家畜肉は食品衛生法などで解体方法が定められ、全頭の衛生検査が義務付けられているが、ジビエは厚生労働省の衛生管理指針だけ。統一的な管理がされているとは言い難いという。

 そこで、押田さんらが発起人となり、ジビエ学会の設立準備を進めている。動物衛生学や食品科学など専門的な見地から野生鳥獣の解体、加工に適した方法を提言し、学術専門誌も発行する予定。国内研究者100人以上の賛同が得られていて、年内発足を目指す。

 押田さんは「安全管理に学術的な裏付けは必要。家畜と同等の安全性を確保できれば、食肉として一般の流通にも乗せやすくなる」と話した。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



マキタのチェーンソーのメンテナンス :: 2017/03/13(Mon)
今日は、チェーンソーのメンテナンスについてです。

20170226 (4)

チェーン部分をばらして、オイルと木くずの塊などを丁寧に取り除きます。
分解が容易で扱いやすいです。

エアクリーナー部分も「パカッ」と外れるので簡単に掃除できます。

20170226 (3)

オイルを差してなかったので若干、錆が出ています。
ゴミを取り除いたら、クレ556

歯ブラシで、ゴシゴシしごいて、錆も取り除きます。

マキタチェーンソー・5年目ですが、若干、オイルが漏れています。
パッキンが済んできてるのでしょうか?

20170226 (7)

ヤスリで、一つ一つ目立
角度が最も重要
最後は、バーにもチェーンにもクレ556

よし!これで完了!

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



あの虫の住み家について :: 2017/03/10(Fri)
※続・あの虫の住み家について
※年始に卑猥な言葉でお騒がせした続きです。

先日、大便をしたんです。

20170226 (17)

あれ・・・・・・・・あの虫の住み家が折れている、、、、

20170226 (16)

大便をするたびに、あの虫の住み家を観察していました。

20170226 (18)

住み家の折れた一部が床に転がっていました。

綺麗な筒ですね

20170226 (19)

・・・・・・・・・・プチ

土で出来ていますね

蛾の住み家かな~???

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



2回目の忍猟で鹿を狙う :: 2017/03/08(Wed)
鴨猟(2月15日まで)が終りました。

よって、忍猟で鹿・猪を狙いに(岡山県は、3月15日まで)に行きます。

本日は、弟子の腰も良くなり、二人で行きます。

20170305 (17)

山小屋近くの、前回の谷より、1本南の谷を行く事にしました。

愛銃のMS-2000D
軽くて2.5KG
短くて24インチ
命中精度は抜群です。

本日も安全第一に進んで行きたいと思います。

20170305 (18)

牛歩のように、一歩、10センチ程度の歩幅で進んで行きます。

20170305 (20)

殺気と音を消して、ゆっくりゆっくり進みます。

当然、会話はございません。

20170305 (19)

この谷、高さ10Mはあります。

この谷で仕留めたら、とんでもなく大変です。
前回の一件があるので、仕留める場所の事をすごく考えてしまいます。

しかし、谷が深いほど、こちらの気配が気づかれません。
良し悪しです。

20170305 (21)

ゆっくり、じっくり、進んで行きます。
鹿や猪は、我々を見ています。

どこからか、、、、、、たぶん

20170305 (1)

水たまりが濁っていますね

20170305 (22)

ズームで写真を撮ります。
獣が身体でも洗ったのでしょうか?
鳥かもしれません、、、、

20170305 (3)

2Mほど隣の水たまりは、透明な水です。
このような小さな違いとかを感じながら進んで行きます。

20170305 (4)

フキノトウです。
天ぷらにして食べたい。

20170305 (6)

忍猟もいいけど、山の中をゆっくり歩いて自然を感じるのも気持ちいです。

残念です。
2回目の忍猟でしたが、この度は鹿・猪とは会う事は出来ませんでした。
朝9時から、4時間半の行程でした。
また、次回です!


・余談
弟子と話をしたんです。
忍猟は、二人で行けば気配は倍になるけど、鉄砲は2丁となり獲物を捕らえる可能性も倍となる。
どちらが良いかは分からないと、、、、、、

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪料理 :: 2017/03/06(Mon)
猪を料理しました。

20170305 (10)

まずは、猪焼きそば

ソースと猪肉(バラ)がよく合います。

20170305 (11)

猪肉をチャーシューに

20170305 (12)

モモ肉とロース肉を使用

日持ちするので助かります。
チャーハンに入れれば、これまた最高ですよ!

20170305 (14)

猪のスペアリブで一人BBQ

20170305 (15)

管理者は、これが一番好きです。
塩胡椒のみで焼きます。

これとビールで最高です。

20170305 (16)

猪の焼きうどん

20170305 (13)

猪のカレー

20170305 (9)

猪のヒレカツ
猪のロースカツ

20170305 (7)

また、一人BBQ

猪の素材本来の味が味わえる
これが、文句なしに美味い

20170305 (8)

隣の鍋は、人間が食べ難い部位を茹でてコタロー用です。
コタローは、大興奮で見ていました。


結論は、素材が良ければどんな料理をしても美味しいと言う事でしょうか

猪肉は、どんな料理をしても美味しい食材です。
こんなに美味しい食材が山小屋の裏山に、わんさか住んでいると思うと嬉しいです。

自然の恵みと、命に感謝しています。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



猪の「金玉」 :: 2017/03/03(Fri)
昨日は、山の神様から素晴らしい猪を頂きました。

20170226 (24)

今日は解体だけに集中できるので、綺麗に処理したいと思います。

20170226 (1)

脂、肉を残す事なくきれいに皮を剥ぐことが出来たと思います。

※この後の写真は、手が脂だらけで撮影不能に、、、ごめんなさい。

以上で猪の解体話は終わりです。

命に感謝し、山の神さまに感謝します。
大切に頂きたいと思います。


・別記
帰りに、弟子の家に猪肉を持って行きました。
体調はだいぶん悪そうでした。
猪肉を食べて、早く元気になってくれればいいけど、、、、

師匠が猪の「金玉」を食べれば、いろいろな所が元気になると教えてくれていたけど、、、、この猪はメスでした。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪の解体場所 :: 2017/03/01(Wed)
山小屋に持ち帰りましたが猪の解体場所の準備が全く出来ていないので直ぐに準備をする事に

20170226 (21)

沢水の引き込みは目の前まで準備していたので、上記、写真の通りパイプを仮で繋ぎました。

水を張ると、山小屋前の小川から猪を引きずり出し、水槽に「ドボーン!」

20170226 (20)

このまま水を流しぱなしにします。

夜、凍結して破裂しなければいいけど、、、

20170226 (22)

デッキブラシでプール内を出来る限り綺麗に
落ち葉やら苔やらが1年分溜まり、準備不足を悔やむのでした。

夕方となり、体力の限界で猪の解体までは出来ません
もう、身体が、、、、、動かない
ほんと情けない、、、、、

水槽に波板で蓋にして帰宅します。
続きは、明日に

20170226 (23)

帰りにダイドーの「金のおしるこ」を自販機で買いました。
これ、大好きなんです。私
甘ったるくなく、しるこが胃袋全体に染み渡る。

今日は大変だったけど、本当に良かった。
今まで師匠にいろいろな事を勉強させていただきましたが、それが本日生かせました。

神様、師匠、本当に感謝します。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。