鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



2月15日で鴨猟が終わり、3月15日まで忍猟で鹿を狙う :: 2017/02/27(Mon)
※この度の記事は、様々な方を不快に感じさせる写真が掲載されています。
※動物の生死の考え方、処理の方法、掲載のあり方は様々と思いますが、過去の管理者の投稿をお読みの上、考えの違う方の閲覧を前もってお断りします。










2月15日で鴨猟が終了しました。
管理者は、6羽で猟期を終えました。トホホの猟果でした。
弾を、あれこれ変更したりして、自ら悪い方向に進んでしまったと思っています。反省です。


鴨猟が終わりました。
しかし、岡山県では3月15日まで猪、鹿の狩猟が許されています。
よって、鴨猟終了後に、鹿を忍猟で獲りに行きます。

猪は警戒心が強いので、鹿を狙いに行くのでしたが、弟子がギックリ腰で「今日は、おえん。休むけー」

管理者、「ほんなら、一人で行くけー、大事にしてーな」と言って、一人で鹿猟に

20170226 (9)

今日も安全第一で行こう!と、一番に考えて
山小屋付近から山に入りました。

※この度は、途中途中の写真を撮る暇がないほど慌てていました。


先日のからの雨で沢は大水でした。
沢は、「ゴーーー、ゴーーー、ゴー」の音が大きく響いていました。

私は、山の中腹を進み、進んでいると、沢の水辺付近に猪が居ます。
沼田場だたっのかもしれません。

水の激流で私の足音など小さな音は搔き消されて、気配を感じさせ無かったのかと思います。

すぐさま、MS-2000Dを構えました。

なぜか、足が震えて、、、、止まりません。
猪は、久しぶりだし。
とんでもない大物です。(※自分にとっては)
師匠の下手間で罠に掛かった猪は何頭か止めさせて頂いた経験はありますが自然のままのは初めてです。

脳天を1発で打ち抜きました。
40メートルぐらいだと思います。

ここから無我夢中です。

足にロープをくくり、沢を1キロ程度下りひこずり出しました。

20170226 (10)

このまま山小屋まで持ち帰ろうと思いましたが、重たくて沢を上がれません。

ここで、弟子に電話して、「獅子を獲ったけど、沢を登れない。来てくれ!」と言いましたが、「腰が痛くてダメじゃ」

こんな場所が分かるのは弟子しかいません。
管理者、「もーダメじゃ、一人でやるしかない」

内臓を全部出して、少しでも軽くして出すしかないと決断。


わ・・・・・・・・久しぶりで、、、、、、キツイ

寒い日だから、内臓からの湯気がスゴイ

とにかく、師匠から教わった手際を脳裏から呼び起こし、手を必死で動かす。

処理を早くして、肉の体温を少しでも早く冷やさないと。
あれやこれや、、、もう必死

ノコギリがない・・・・・※骨を切る為

ダメじゃ俺
準備不足です。
これ以上、開くことができない。

とにかく、この状況で内臓を出せるだけ、出すしかない

20170226 (11)

腸にウンコがパンパンに入っているから、腹を開けた瞬間、絶対にパンクはさせれないと思った。

肛門の周り

食道を出来るだけ喉の方で切る


あれ・・・心臓がない。

まあええ、けーで担いで沢を上がろう。と思った。

ここ、数カ月間筋トレして体を鍛えているけど、、、、重たくて限界。

20170226 (12)

何とか担いで、沢を登り、どろどろになって軽トラに積んだ

もう、40過ぎのオヤジには体力の限界を感じた。

師匠は、一人で多くの罠を仕掛けて回収までしてるけど、ほんとなかなか一人では出来ないと感じた。

20170226 (14)

山小屋の前の小川に猪を、、、、、

20170226 (15)

股間の骨をノコギリで切り
胸の骨を鉈で叩き切り

心臓を取り出しました。

道具の準備不足であたふたしましたが、何とかここで休憩です。

スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4



岡山県 ツキノワグマ4年で倍増 :: 2017/02/24(Fri)
ツキノワグマが4年で倍増しています。

20170203 (4)

17年度から捕獲数の制限がありますが狩猟の解禁に踏み切る方針だそうです。

20170203 (5)

17年度の猟期には、弟子を連れてツキノワグマを獲りに行きたいと思います。
生きるか死ぬかの瀬戸際が、今、生かされている自分が生きれれてる事に心からの感謝が生まれる自分であります。

20170203 (1)


※話がぶっ飛びます。

モノタロウでなかなか手に入らない物を買いました。

20170203 (3)

水処理用フィルターバッグ NBシリーズ(ショートタイプ) NB0001PPS1C-10EA 3M社製 1736円

値段は高いけど1㎛(マイクロメートル) 対応品です。
※1㎛=0.001ミリ


大腸菌・酵母菌・ブドウ球菌・赤血球、白血球の粒子まで濾過できる水処理フィルター(バッグ型)です。

残念ながら、バクテリアは0.5㎛のため除去できません。

私は、そのまま飲んでて一度も腹痛はありませんが、客人の為に沸かして飲まないとダメですね。
たぶん、都会の人は、すぐ、腹痛を起こすでしょう。

20170203 (2)

どのように取り付けるかは、山小屋で考えます。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



鬼ヶ獄うどん・その2 :: 2017/02/22(Wed)
鬼ヶ獄うどんの投稿が非常におもしろいとの評価が高く
多くの閲覧を頂きました。

なので、もう少し詳しく語り、残りの写真を掲載したいと思います。

2017022101 (2)

週5日営業で、一日3時間だけの営業です。
地元の仲間数人で営業しているとの事でした。

おじちゃんもおばちゃんも、優しくて良い方でした。

2017022101 (1)

メニューは少ないですが、一品入魂で雰囲気も良くて味も最高です。
麺も手打ちで間違いありません!

2017022101 (3)

店内にはカウンター7席だけですが、離れに家族でもOKなテーブル席がございます。

ドアノブのカッコ良さにシビレましたよ!
私は何度も開け閉めしました。
おばちゃんを激褒めしてたら、友人が「もーやめとけ」って、、、、、、

2017022101 (4)

嵌め殺しのサッシ、合板を見切りに使い、ポリの波板を屋根に

そして、このミスマッチな人工芝
誰が、これを想像できますか??

隈ケンゴでも、思いつきませんよ!

ようするに、クマケンを超えとるんですよ。全国の皆さん。

2017022101 (5)

正面、ぶっこみのビス

頭が浮いてても最後までぶち込まないのがミソですよ。


やりてー
俺も、マジでこんな仕事したい
自由な発想
ある材料だけで、イージーな築造

それで、お客さんを迎え入れるなんて最高じゃないですか。

一番大切なのは、心と味ですよ。
それが、「鬼ヶ獄うどん」にはあるんですよ。


↓ 是非、お立ち寄りください。

「鬼ヶ嶽うどん」
住所:岡山県井原市美星町上高末5044
電話:0866-87-4195
営業:11:00~14:00
定休日:水・木

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



鬼ヶ獄うどん :: 2017/02/20(Mon)
先日、友人たちとマラソン大会に参加しました。

その帰りに、友人が「スゲー、うめーうどん屋があるけー帰りに行かんかー」って話になりました。
いつもは飲み会ですが、本日はまじめにうどん屋で食事です。

私は驚きました。

見てください。この、ブルーシートを胴縁だけで押さえているだけの庇
シブすぎる・・・・マジで感動です。

2、3年でブルーシートが紫外線でボロボロに朽ちる姿が見たい。
シブい!!!

2017021901 (8)

よーーーく・・・・見てください。正面の窓を。
ボロのドアを横に取り付けているのです。

※全て、許可を頂いて撮影しています。

2017021901 (5)

「おばちゃん、肉うどん3つ、きつねうどん2つ」

※ごめんなさい。一番大事なうどんの写真を撮り忘れました。汗

味は最高!田舎風うどんでした。
切り干し大根食べ放題のサービス付き

おにぎりが2個で100円

美味かった~

2017021901 (6)

正面ガラスは、アルミを正面からビスでブチ込みです。
かっこいい====!!!

リサイクル、最高だよ!

2017021901 (2)

樋を見てください。

玄関の欄間に、コッツンして後はヒモで吊るしてるんですよ。
粋じゃないですか!
シブいじゃないですか!

しかも、そのひもは麻ひもですよ。1年で「プチ」・・・・・・・がっシャーン

ですよ!  いいね~~~

2017021901 (1)

この窯でうどんを茹でるとの事

ガス代がもったいないから薪で茹でるとの事でした。
 
マジ、最高!

壁の波板見てください。
ススで真っ黒です。
芯は木の柱ですよ。
いつ火事になってもおかしくありません。
即、全焼ですよ。

このリスクを恐れないうどん屋
マジ、惚れました。

2017021901 (7)

帰りにおばちゃんが、大根を3本くれました。
そして寒いのに見送りに、、、、

私は手をふりながら・・・・・・・「ありがとう!!! 絶対、また来るケー」


「終」


・別記
友人たちが車の中で、私に、「褒め過ぎじゃろー」
「あの建物を褒める奴なんかおらんで」
「ぜってーおかしい奴と思うとるで、、、、」


私は、心の中で思ったんですよ。「素人には何も分からん世界よ。フフフ」

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



福島の猪 :: 2017/02/17(Fri)
猟師が激減している昨今
どのように対応するのでしょうか?

20161228 (10)

福島県の猟師の方は、原発の件で辞められた方も多いと思います。

私のような者では、今後の事について想像もできません。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



雑木の灰 :: 2017/02/15(Wed)
中国地方の寒波はすごかったです。
鳥取が34年ぶりの大雪で船が雪の重みで14隻沈没
こんなニュースはじめて聞きました。


よって、私はネタ切れです。
掲載を見送る予定だったネタで失礼します。

2017020401 (21)

雑木を燃やした灰は肥料になるのでストックです。

2017020401 (22)

バルブ部分も2重に保護です。
鉄のバルブでも今まで4回は亀裂が入りダメにしています。

2017020401 (23)

最近、柵の外の猪の荒らし方が尋常ではありません。

2017020401 (24)

柵の中まで石が飛んできています。

猪もこの寒さで餌不足で困っているのでしょうか、、、、
私はネタ不足で困っています。
天気が回復しないと、どうにもならないです。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



ポリパイ凍結、保護材巻くっててもダメ :: 2017/02/13(Mon)
全国的にスゴイ寒波ですね。
今週は山小屋の作業を中止しています。
なので、掲載する予定ではなかったショボい作業内容をUPさせて下さい。
ごめんなさい。


沢から敷地内に入る
ポリパイ→エンビ部分が凍結の弱点なので保護材を厚くしたいと考えました。

2017020401 (10)

少し暖かくなったので今の内に、、、、

2017020401 (11)

保護材を開けて、、、、

2017020401 (12)

保護材の中でも凍ってる

2017020401 (14)

つなぎ目が一番弱いので3倍の厚さにしました。
これで、この部分の破裂はないでしょう。

ポリパイの部分は強靭なのでどこが凍結しても破裂しません。

2017020401 (17)

それと、櫓を組んでいた部分の配管を回収です。

水について、いろいろ試行錯誤しています。
答えがないので難しいです。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



貯水タンク、計画中止 :: 2017/02/10(Fri)
昨年切り飛ばした雑木を燃やします。

寒い日にはええわ~

2017020401 (6)

剪定した枝も全部燃やします。

2017020401 (7)

正月に沢水を直結で山小屋に繋ぎました。
砂やゴミについて不安があると考えていましたが、そこまでに気にならなかった。

フィルターの良し悪しもあるでしょう。

それよりも、貯水を1000L以上して、夏場の貯水した水を使う事に懸念があると感じました。

カルキも塩素も使わない生水なので、それを生で飲むので貯水は危険と感じました。

2017020401 (8)

よって、計画を変更
何度目だろうか、、、、、、汗

掘り起こして、ぶった切りました。

2017020401 (9)

そして、直でつなぎました。

貯水タンクなしの、沢水が直で入る事になりました。

雨が降れば、濁った水が出てきます。
なので、飲用水についてはペットボトルでキープ
風呂は、窯に貯水

連日の大雨なら、END

それにしても色々、作り、壊し、造り、壊したな~
櫓なんかも、これからどーしようかな~

2017020401 (13)

作業中に、綺麗な種子を見つけました。

毛が長い
きれいな毛です。

なんの種子でしょうかね~?

自然の中は面白いです。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:10



果樹の選定 :: 2017/02/08(Wed)
大阪から友人が遊びに来ました。
すると、電車で兵庫、広島の友人も参加して岡山県南で飲み会となったのです。
その友人が、「どんな事でも手伝うから、山小屋に連れて行けよ!」と言うのです。
ほんと、物好きな男じゃな~、、、、なんて考えていました。

今の状況で遊びに来てもなんにも面白くないので、果樹に多くの実を付ける時が来たら呼びたいと思います。
なので本日は、ちょっと気合入れて選定します!


※それでは本題に

少し雪が残っていますが、山小屋の作業再開です。

2月なので急いで果樹の選定です。
剪定の良し悪しで実りの良し悪し、成長の具合が決まります。

2017020401 (1)

スモモの木もきれいに剪定

玄関前なのでよく考えててチョキチョキ
春、スモモの花が咲けば美しいでしょうね~

2017020401 (2)

栗の木も選定です。

友人が遊びに来れば栗拾いが楽しめると思うので成長が楽しみな木です。
3年目で大きく成長して、本年、あまり選定しなければ多くの実を付けるけど、ここは基本を大切にバッサリ行きます。

2017020401 (3)

リンゴの木もバッサリ

2017020401 (4)

梅の木の蕾が少し膨らんでる。
もっと早く剪定するべきだった。

今年は、梅が収穫できそうです。
南高梅なので、梅干しにすれば最高でしょうね!

2017020401 (5)

ゆずの木もバッサリ行きました。


その後も、さくらんぼ、桃を選定
今年は何本かの果樹に実を付けそうです。
楽しみです。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



青首(真鴨)の美しさ :: 2017/02/06(Mon)
鴨猟の話は同じ内容ばかりなので、今シーズンは掲載はしないと考えていました。

20170204 (3)

しかし、非常に美しい青首の写真が撮れましたので、読者の皆様、見てください。

20170204 (2)

数日前、弟子と鴨猟に出ていた時の事でした。

20170204 (1)

真鴨のオスが列で連なり、メスの真鴨がその後を付いて行っています。

なんと美しい真鴨でしょうか
弟子と2人で眺めていました。

真鴨って、本当に美しいですよね。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



猪の足跡 :: 2017/02/03(Fri)
クマさん、ヤマカンさん、ヤマさん、コメントありがとうございます!
励みになります!


話の続きですが、雪なのでチャンスと思い、猪の足跡を探しに行きます。

20170122 (44)

猪がどこから出ているか見つける事は、来年の罠猟の参考になると思ったからです。

20170122 (41)

朝まで雪が降っていたのに、猪は、橋をトコトコ渡っているのですね
大雪でも餌を探しに、、、、

20170122 (47)

山の中って神秘です。

20170122 (48)

鴨は居ない。

20170122 (50)

県北は猟師が少ないから猪が好き放題荒らしています。
来年の罠猟に全力で当たりたいと思います。

20170122 (53)

鏡のように映しだす池。
きれいだな~

20170122 (60)

2.3時間、山小屋の周り歩きました。
仕掛けの場所は、だいたい分かった感じがします。

雪だからこそ分かる、何かがありました。

それにしても、雪の中の山小屋も良いですね~

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



山小屋に雪 :: 2017/02/01(Wed)
鴨猟ばかりしていて山小屋の作業が全く出来ていませんでした。

※鴨猟の話は、ここから先、同じ内容ばかりになるので、また来年にしますね。

20170122 (10)

一日休みなので、今日はフルに山小屋の作業を頑張ろうと思います。、、、、、来ると  

雪・・・・思ったよりスゲーな~

「こりゃー、ゆっくりすすまにゃー沢に落ちるでー」 こわ~

20170122 (13)

水道のラインを回復させようと考えていましたが今日は無理と判断

車は、アクティートラックの4駆
タイヤは横浜のミックス
8プライでカチカチだけど、アイスの路盤でも効くね~

雪の中も、ぐいぐい進みますよ~
油断はできませんが、、、、

20170122 (16)

果樹の剪定もしたかったけど当分無理でしょう・・・・残念

20170122 (20)

これから何をしようか???

20170122 (34)

テレビでも見ながらコーヒーでも楽しもう!

20170122 (33)

ダメじゃ・・・・テレビが映らない

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。