鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



貯水タンク3号、正月までに間に合わなかった。 :: 2016/12/30(Fri)
平成28年12月30日となりました。
ついに!今年が終わりそうです。

私事ですが、忘年会でも飲酒量は酒一合まで。
ビールの場合は、1本までとしました。
来年の目標は、「減酒継続」の誓いです。

上記、決めた誓いを今後、一生継続する事です。

読者の皆様も、新年の目標をお決めになられていると思います。

例えば、「会社を辞めて、自給自足の生活をスタートする!」とか「会社を辞めて、農業一本で生活する!」とか。

やりましょう!
一度しかない人生。
後悔のないように!

2016122401 (13)

それでは本題に!
貯水タンク3号の鍬入れです。

2016122401 (14)

掘り起こして、屋内に配管を回せるようにします。

2016122401 (15)

今年は時間がここまでなので、沢水パイプを直に屋内配管に繋げます。
タンクで一度受け入れなくても、自然落水で十分に水圧は確保できています。

この状態では、雨が降れば濁った水がダイレクトに蛇口から出ます。
それは、綺麗な水が出る時にペットボトルに水を確保しておく。
風呂は貯水しておく。

などなど必要になります。

2016122401 (8)

来年は、貯水タンク3号を最初につくり始めたいと考えています。
準備はOKです!


今年、最後の更新となりました。
読者の皆様、一年間本当にありがとうございました!
皆様から頂いている「拍手」にも感謝しています。
来年はお酒を控えて、もっと頑張って進めて行きたいと思います。

それでは読者の皆様、最高の新年をお迎えください。


※ブログは、月・水・金の週3回の更新としていますが、新年1月2日・月曜日にお正月特別バージョンでお会いしましょう!

スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



沢水の取水口掃除と水圧を出す方法 :: 2016/12/28(Wed)
大阪の某ガス会社に勤めている友人と東京で20人くらいで忘年会をしたのです。
その友人が、このブログを誰かから聞いて、最近、読んでくれているのです。
「あの、蜂の巣はどーなった?」とか「誤射に巻き込まれるなよ」とか面白くメールをくれるのです。
都会で生活している友人が、このブログに興味を抱いてくれてるのが何だか不思議です。

ウンコは野壺、水は沢水、風呂は薪で焚き、TVはBSのみ、変な虫が多数、蛇はうじゃうじゃ、猪はそこらうちじゅう徘徊、皆さんも面白いですか?! このブログ?


すみません。前置きが長くなりました。
本題に。
正月に連泊するので沢の取水口の掃除をします。
じゃないと生活にいろいろ困るので

それと、自然落水を利用した沢水の取水なので、かねてより考えていた変更を行います。

2016122401 (1)

エア抜きを取水口から100M下で空気抜きを取り付けていました。
これは、全く機能していませんでした。

よって、8000円もする三方バルブを取り外します。

2016122401 (2)

取水口から30m下のジョイント部分に三方バルブ取り付けます。

※写真に写っている、もう1本のポリパイは地元の方のです。
※昔は、ここに何本もポリパイが這わされていました。

2016122401 (3)

ジョイント部分を切り飛ばします。

2016122401 (4)

そして、三方バルブ取り付け完了!

2016122401 (5)

取水口のフィルターを綺麗に洗います。

2016122401 (7)

この水!
この圧力!

私の宝です。

2016122401 (6)

自然落水を利用する場合は、取水口から20m~30mの場所に三方バルブを取り付けるのが絶対に良いと思います。
落水力が十分に高まり、山小屋までの100m・200m・300mまでの距離でも押し出して行きます。

沢から自然落水を利用する場合、200m・300mの長さとなるとポリパイ全ての勾配が付けれるわけではないと思います。
その場合、取水口から途中までの「押し出し力」が必要なのです。

よって、「取水口から20m~30mの場所に三方バルブを取り付けるのが絶対に良い」となるのです。

※この部分は、これから山暮らしをお考えで自然落水による取水をお考えの方は絶対に有効です。
※電気もポンプも何も使わないで圧力を出す。
※是非、参考にしてください。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



山小屋の大掃除と全部鉄の自在鉤 :: 2016/12/26(Mon)
本日は山小屋の大掃除と自在鉤を取り付けたいと思います。
お正月は山小屋でゆっくりお風呂でも浸かり過ごす計画です。

2016122401 (17)

機械などもメンテ及び掃除もするのですが、ミキサーの中に入れていたセメントが湿気で固まってる。
乾燥袋に入れとかないとダメだな~

2016122401 (18)

掃除機も全部掛けたし、そろそろ昼ご飯にしたいと思います。

それにしても、桧は最高だな~

2016122401 (19)

ゆで卵とカップヌードルのカレーです。

今日の徹子の部屋は、さだまさしさん。
二百三高地でも歌ってくれないかな~

「愛は死にますか~ 愛は死にますか~ 愛は死にますか~」

さださんって、ほんと面白いな~
2時間のコンサートで2曲しか歌わなかった面白話もしてた。
笑った!

2016122401 (16)

昼ご飯も食べたし、自在鉤を取り付けよ!

このJフック、コーナンで280円だったのです。 
コーナンって、何でも安いな~

自在鉤は、ヤフオクです。
7000円だったと記憶しています。
全部鉄です。

鯉とか竹とかいろいろあるけど、火事が怖いので全部鉄を選びました。

2016122401 (20)

センターを出して、天井からJフックを吊るします。

2016122401 (21)

ドリルで穴あけ

木くずが目に入ってしのげん

水平に真っ直ぐ撃つ為には仕方ない。

2016122401 (22)

スプリングワッシャーでボルトを挟み込んで、ボルトが緩まないようにします。
鉄瓶吊るしてて、「ガッシャンーーーン!」に、なったら大やけどですから安全の為に!

2016122401 (9)

真っ直ぐ吊るせました。

ドリルで真っ直ぐ穴を開ける事
ノコギリで真っ直ぐ切る事って簡単に思えて、すごく難しいのです。

たぶん、やっている方じゃないと分からないと思いますが、、、、

2016122401 (10)

完成です!

2016122401 (11)

囲炉裏も考えたのですが、大火鉢にしました。
鉢全体が暖かくなって囲炉裏にはない良さもあるんですよね。

これもヤフオク
たしか、3000円だったかな?!
記憶が曖昧でごめんなさい。

ヤフオクってホント安いし掘り出し物がたくさんです。
時間を掛けて掘り出し物を狙えば最高の買い物ができますよ!
お正月に火を入れるので「続」は新年に。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



ジビエで忘年会 :: 2016/12/23(Fri)
今日は友人たちと忘年会です。

下記、内容の料理を作ります。
これくらいなら簡単にパパッと仕上げちゃいますよ~

1、鴨だしの昆布大根
2、猪のレバ、膵臓のニラもやし炒め
3、猪のペペロンチーノ
4、猪のレバ煮
5、鴨のズリ葱炒め
6、鴨のロースト・バルサミコソース
7、猪のトンカツ
8、猪のキノコ鍋
9、鴨の釜めし

2016122105 (3)

それでは鴨をばらします。

見て下さい。弟子の毛抜きはプロ以上の仕上げです。
美しすぎます。

県北のカルガモ
県南のカルガモで色が違いますね。

2016122105 (2)

弟子の家は綺麗で広くて作業がしやすい。

2016122105 (4)

ばらし終えました。
塩コショーして冷蔵庫に

ばらした骨で、鴨だしの昆布大根のダシを取ります。

2016122105 (7)

ズリの固い部分は取り除き、白い薄皮も手でシゴイて取り除きます。

私は10時半から弟子の家に来て、酒を飲みながら準備ですが、、、、、
友人が持って来る予定の日本酒が来ません。遅刻です。

仕方ありません。弟子の家に残っていたブランデーを飲みながら行きますよ~
医者に、ウイスキーとかブランデーとか強いお酒は止めなさいと言われていたけど飲んじゃいます。
酒好きは、仕方ありません。一つの病気です。

2016122105 (8)

綺麗なズリです。
葱と炒めて食します。

ほんと色が良い!

左手には心臓。少し色が悪くなっていますね。

2016122105 (5)

猪のトンカツ

一口カツにします。

2016122105 (6)

猪の心臓とレバーです。
水に酒と生姜を入れて一度、熱湯に通します。

下準備OK!


読者の皆様、写真がここまでなのです。
もう、酔っぱらって、この後の写真がありません。

5.鴨のズリ葱炒め、以外は作った記憶があります。

その後は、弟子の家のトイレで吐いて倒れていたと思います。聞くところによると、、、、、汗
何も食べていないで酒だけ飲んで料理していたので無茶でした。
ほんと、俺ってバカだーって痛感しました。

1週間ほど前に医者に注意されたばかりでこれなので、もう受診に行けないほどアホです私
なんか、疲れたら直ぐにのどが悪くなるんですよね~ 入院して以来

それなのに、ウイスキー、ブランデー、焼酎、日本酒、大好きなのです。
しゃべり過ぎもダメなんですって

やっぱ。早く仕事辞めて、山で暮らさないといけないな~

2016122105 (1)

これは、6、鴨のロースト・バルサミコソース です。
友人が唯一、1枚だけ写真を撮っていました。

1羽分焼いたので、3皿か、4皿出したと記憶しています。
これが最後の仕事だったと思います。


そのだいぶん後に、友人に抱えられて自宅に帰った私でした。

誰かにうつる病気じゃなく、即死する病気なので、好きに生きて死ぬのも人生かもとも考えます。

一先ず、あまりにも調子が悪いので断酒する事にしました。
今後の事は、追々考えます。

バカは死なないと直らないと言います。
自分の事だと悟りました。

好きに生きて死ぬのも人生。
熊に襲われて死ぬのも人生。

なんか、文章が支離滅裂

明日、忘年会。どーしよ。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



旭SKB・装弾販売終了 :: 2016/12/21(Wed)
残念な報告です。
旭SKB株式会社・装弾販売終了だそうです。

スラッグも散弾も私が使用しているミロクの銃に最も合う装弾でした。

2016122101 (1)

次回から、ダイセルパイロテクニクス株式会社の国産装弾を使用したいと思います。

余談ですが、旭SKB株式会社は旭化成の子会社です。
ダイセルパイロテクニクス株式会社はダイセルの子会社です。
両社とも一部上場会社の子会社でした。

国産の装弾は、今後、ダイセルだけになりますので、私のような国産主義者は皆、ダイセルに行くでしょうね。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猟師の命 :: 2016/12/19(Mon)
あってはならない事故だと思います。

20161214 (1)

狩猟中に猪に命を奪われる可能性はありますが、人間にも奪われる可能性があるのです。
それは、自分が猟をしていてよく感じるし、常に仲間に「絶対に俺を撃つなよ!」って言います。

20161214 (2)

事故のほとんどがベテラン猟師が多い現実があります。

20161214 (3)

矢先の確認を怠れば最悪の結果に繋がります。

20161214 (4)

狩猟中に他の猟師の犬の声や発砲音をよく聞きます。
その時、自分の居場所は大丈夫か?と考える時があります。

撃つ時も、山を歩いている時も安全確認は大原則です。

20161214 (5)

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますと共に、今後の安全な狩猟について改めて考えて行きたいと思います。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



狩猟用装弾の弾速(メートル毎秒・m/s)と鴨猟 :: 2016/12/16(Fri)
■いつも使用しているアポロ狩猟用装弾の弾速及び鴨猟について本日は書きます。

管理者の鴨猟が下手糞なのを置いといて、昨年に比べて鴨猟の成績が芳しくないので「弾」の「弾速」に問題があると考えています。(※猟果12月中旬でカルガモ3羽)

昨年使用していた装弾は、アポロ・5号・33グラム(※弾速不明) ←写真一番右
本年使用している装弾は、アポロ・4号・44グラム(※弾速不明)

クレー射撃(トラップ)では、スリリング7半・24グラム(415メートル毎秒)を使用しています。  ←写真一番左

20161214 (6)


狩猟用装弾についてメーカー公表弾速が「記載されていません」ので、アポロスペシャルを基に考えてみます。

※アポロスペシャル
7半 24グラム・430メートル毎秒
      ↓(4グラムで20メートル毎秒down)
7半 28グラム・410メートル毎秒
      ↓(4グラムで15メートル毎秒down)
7半 32グラム・395メートル毎秒


9号 24グラム・405メートル毎秒
      ↓(4グラムで20メートル毎秒down)
9号 28グラム・395メートル毎秒
      ↓(4グラムで30メートル毎秒down)
9号 32グラム・365メートル毎秒

★4グラム増加すると平均で、21.25秒メートル毎秒downする計算となる。


以上の内容を総合的に考えると、狩猟用装弾は下記内容の弾速となるのではないでしょうか?

昨年使用していた装弾は、5号・33グラム・370メートル毎秒(※推定)
本年使用している装弾は、4号・44グラム・300メートル毎秒(※推定)


これだけ「弾」の「弾速」に違いが出れば、トラップ競技や昨年と同じ感覚で撃っていたら「当たらない」でしょう。
結果、4号・44グラムは鴨が居る水面に向けて撃つ初矢のみとするのが良いと思いました。


■まとめ
1、クレー射撃で使用する現在の弾は止めて、弾速は390メートル毎秒前後の弾を使用する。
2、狩猟用装弾は、33グラムを使用して、弾速370毎秒程度とし、クレー射撃で使用する弾との弾速を同等程度に合わせる。
3、よって、クレー射撃での感覚で鴨猟を行えば、違和感なく狩猟が出来る。
4、狩猟用装弾では、30グラムがあり、弾速は390メートル毎秒を維持でき、クレー射撃と全く同じ感覚狩猟が出来ると思うが、粒の数が少なく厳しいと思う。

■火薬の量について
よく聞く話ですが、36グラム、38グラム、44グラムとかは、火薬の量が多くて「反動がスゲーよ」って聞きます。
それは全くのデタラメで、火薬の量は散弾の量が増えるほど、火薬の量が減ります。
なぜなら、薬室に負担が掛かり過ぎるからです。
押し出す散弾の量が増えれば増えるほど、力が外に出にくい。出にくいのに火薬の量が増えれば銃身・薬室・機関部などに亀裂や破裂が生じるのです。(※旭SKB・アポロの装弾製造責任者から直接管理者が聞く。一部要約。)

よって、薬室に掛かる負担はどの弾も同じ程度なのである。

■最終の答え
クレー射撃で使用する弾は弾速390メートル毎秒の装弾を使用する。
狩猟で使用する装弾は33グラムを使用して弾速370メートル毎秒とし、※射撃感覚を統一する。


※上記すべての内容は、全て管理者の推測や聞いた話を自分なりに纏めた話です。
※よって、読者の皆様は、一切参考になさらないでください。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:3



新たな猟場(鴨猟)を探す :: 2016/12/14(Wed)
猟場を探す事が鴨猟にとって最大の課題でございます。

20161209 (5)

安全に猟が出来る事が第一で、その次に鴨が付くか?

その為に、本日、山道を一人てくてく歩きます。

20161209 (6)

こんな所に鳥居があるんじゃな~

20161209 (7)

神様をお祀りしています。

綺麗な菊をお供えしています。
地元の方が守っているのでしょう。
お賽銭を入れて次に

20161209 (8)


もう、ぐちゃぐちゃ

長靴で来ればよかったな~ と思う。


20161209 (9)

土手を登ります。

20161209 (10)

空池だった・・・・・・・・・・・・・残念

20161209 (11)

更に奥に

池が現れましたが、悪路でどーにもなりません。
鴨も付いていませんでした。

20161209 (12)

のどが渇いた。
柿食べたい。

たぶん、渋柿だろう。

20161209 (13)

猪が荒らしています。
しかも、ちょっと前にやった感じです。
根子も湿っている。

猪が出てきそうで恐怖を感じました。

銃を持ってくればよかったと思う。

20161209 (14)

1時間半ほど山を歩きましたが、本日は無駄足でした。

早く帰ろ。
なんか、怖い。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



高知県産・桧材で床の仕上げ :: 2016/12/13(Tue)
いつも鴨猟の話ばかりで失礼しました。
本日は、山小屋の床張りの話でございます。

20161211 (1)

前回、桧の入り皮抜け節材で捨て張りしましたので、その上に高知県産・桧材を張ります。

ネットで購入しましたが、なかなかの品です。

20161211 (2)

床に張るので無地材でないといけません。
本実加工されています。

20161211 (3)

幅が8センチです。
幅があればあるほど値段が高いです。

8センチ幅なので手間が掛かりますが、値段が安いです。

20161211 (4)

桧がやはり一番美しいですね!

松や楓、欅や杉などありますが、やはり桧が一番だと感じます。
香りも素晴らしい。

杢の美しさ、肌触り、防虫の効果なども考えれば尚、素晴らしい。

20161211 (5)

この部分は、荷物置き場の為、見切りを付けました。
杉の柾目材を使用しました。

20161211 (7)

朝9時から夕方4時まで張り続けました。

一枚一枚、木工用ボンドとフィニッシュで留めて行きました。

20161211 (6)

※少し話が飛びますが、3年前に私が書いた下記内容です。

岡山県人の皆様、今日のラジオ山陽1494、聞きましたか???
朝、7時30分ごろの放送です。

リンゴを木の板の上に置いとくのと、普通に置いとくのだったら、普通に置いているリンゴの方が先に腐る話です。

話が長くなるので割愛しますが、人間も同じで、木の家に住むのと、クロスや化学製品などの工業製品だらけで出来た家に住むのだったら、人間もリンゴと同じ道を辿る話です。

運転中のラジオで聞いたのでメモも出来ない状態で現在投稿しているので間違いがあるかもしれませんが、非常に良い話でした。

人間の命も、自然に生かされている事だと思います。

20161211 (8)

やっぱり 木が良いですね~
綺麗に施工できたと思います。

はい! これで完成です!

20161211 (9)

玄関前の南天がたくさんの実を付けています。

もうすぐお正月だと感じますね。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



鴨猟の毎日 :: 2016/12/11(Sun)
今日も鴨猟です。
山小屋の築造は後回し

読者の皆様は、「こいつ、仕事どーなっとんな!?」って思われていると勝手ながら感じていますが、仕事は午前中で終わらせての事です。

やる事さえやれば自由な仕事なので大丈夫なのです。

そんな話は置いといて・・・・・・

20161209 (1)

昨日、半矢にして逃げられたカルガモが気になっていたので、真っ先にその池に、、、、、



ゆっくり・・・・・

静かに・・・・・


池に近寄りました・・・・・・



小さな波紋が・・・・・・


池の淵の茂みに居ました。


写真など撮る暇なし


もう。躊躇なく撃ちました。


20161209 (15)

綺麗な美しいカルガモです。

ずっしり重たいです。


20161209 (3)

水の流れのある池に移動して直ぐに処理します。


すると、カルガモが2羽!!!


今日はツキがあると感じました。


鴨の処理は後回しにして、銃を取り出しました。


4号・44グラムを2発装填


準備完了!


倒木の陰に隠れています。



脇から撃つ為に移動。



どんなに慎重に移動しても鴨が気づきます。
鴨の感覚はスゴイです。


徐々に鴨が、すいすい~っと移動



私も移動



バタバタバタ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・飛んで逃げて行きました。


こうなれば、早く撃てば良かったーっと悔やむし。
撃って、逃げられれば、状況が改善するまで待てば良かったとなるのです。


広い池の場合や倒木がある場合など、この駆け引きが難しいのです。

これも一つの経験。
経験をどんどん積むしかないでしょう。



さて、カルガモの処理に当たります。

20161209 (2)

ささっと、内臓を全部取り出し、肛門を切り取ります。
空っぽになった腹に水を何度も入れて洗い流します。
血を洗い流すことも大切ですが、体温を下げる事も大切なので、10回、20回、繰り返します。

それにしても、脂の乗りが最高です。
この脂の厚みは絶品ですよ。

これから益々、脂が乗る事でしょう。

20161209 (4)

そして、砂ズリ。
綺麗な砂がパンパンに入っていました。

これも貴重な美味しい部位です。


山の神に感謝して、命に感謝して本日は終わりとしました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



単独猟と鴨 :: 2016/12/09(Fri)
今日も鴨猟です。
天気も良いし気持ちがいいです。

弟子は仕事が忙しい為、お休みです。

20161208 (1)

なので、私だけの秘密の池に読者の皆様を御招待しましょう!

と、言いましたが、鴨が居ません。
そんなの、はじめてです。残念。

20161208 (2)

ここの池には錦鯉が居ます。
私は、「鯉の池」と名前を付けています。

なぜなら、池池に特徴を考えて、勝手な名称を付けた方が覚えやすいからです。
そして、ノートに、○○池、何月何日何時ごろに〇〇鴨〇〇羽とかメモしておけば、翌年の鴨猟の成績にも反映されると思います。

20161208 (4)

次の池に・・・・・・・


居ました。鴨が。

ここの池は小さい池なので猟がしやすいです。


20161208 (3)

カルガモが3羽

その距離、40メートル

水面撃ちします。


4号44グラムを2発装填

準備完了!


(;゚д゚)ゴクリ…

20161208 (6)

カルガモが、2:1と別れているので、当然、散弾銃なので「2」の方を狙います。

2羽が一番接近した時に、「ドバーン」


よし1羽・・・止めた


そして、もう1羽が私の目の前に飛んできた。


その距離15メートル


水面から飛び立ったたばかり。

スピードが出ていません。


完全にもらった・・・・・・・、「ドバーン」


パサパサパサパサ・・・・・・・逃げられた。(;゚д゚) ウソだろ…


今度、改めて弾について書きますが、4号44グラム、弾速が遅すぎて全く合わない。
上空に向けて撃って、当たった試しがない。

※読者の皆様、下手なのが前提の話です。汗

20161208 (5)

カルガモが1羽獲れたので贅沢は言いません。
回収に向かいます。

半矢で泳いで逃げます。

回り込めば、反対側に

回り込めば、反対側に、、

回り込めば、反対側に、、


かれこれ、40分
4.5メートルの網を持っているので、出来れば生け捕りにしたい。


早く、くたばってくれ。とも思いました。


肉の味が悪くなりますが、もう一発入れようか悩みました。
前回の猟で肉の半身が鉛を喰らい過ぎてダメにしています。

これほど、悩んだ猟は初めてです。

一服して、銃の準備を再度しました。


そうこうしている内に、鴨が居なくなりました。

もう、信じられなくて。
ありえない。ありえないと。一人でブツクサ。

それから、30分・・・・・・・探しまくり。

もう。くたくた

汗ビッショリ


残念だけど諦めました。


20161208 (7)

気持ちを切り替えて次の池に、カルガモが4羽

水面に向けて、4号44グラム・・・・その距離58メートル

2発撃つ!

また逃げられる。


「もーーー、本当、ウソだろ。ウソだと言ってくれ。」と・・・・・・・・・・本当に言いましたよ。天に向かって。


今年の成績・・・・・カルガモ2羽のみ   絶不調 ↘ ↘ ↘

経験が出来て来て、弾や攻め方を考えすぎて、以前のような単純な攻め方が出来ていないような感じがします。
鴨猟は難しいと改めて感じた一日でした。


※半矢の鴨が気になり、帰りに先ほどの池に寄りましたが居なかった。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



シーズン・4回目の鴨猟と砂ズリから川エビ・その3 :: 2016/12/07(Wed)
弟子がカルガモの処理に当たります。

回収を終えたら直ぐに内臓を抜く事が美味しい鴨を食せる秘訣ではないでしょうか

20161204 (2)

そして、内臓を抜いたら血液を洗い流し、体を冷やす事が重要で、体内に残った血液がアンモニアに変化して臭みや独特な野鳥臭さに変わります。

20161204 (1)

弟子のなかなか素早い処理です。
2羽のカルガモを10分程度で処理を終えて、池の水で洗い流し冷やしました。

20161204 (3)

砂ズリを開けました。
すると川エビが多いですね。

川エビが生息している池に鴨がよく付いている現実が分かります。


素晴らしい鴨を自然から頂きました。
山の恵みと命に感謝して、弟子と手を合わせて本日の猟を終えました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



シーズン・4回目の鴨猟と泥だらけの瘦せコッチのキツネ・その2 :: 2016/12/05(Mon)
キツネをジーット見ていたら逃げて行きました。
痩せコッチキツネなので、食べる気はしません。
しかし、非常時になればキツネでも狸でも人間は食べます。
その時の為に様々なスキルを身につけておく必要があると思います。


キツネの話はここまでにして、最後の池に到着するとカルガモが二羽

通常の作戦ではなく、水面に向けて一斉射撃作戦を取りました。

弟子に、「1.2.3で鴨に向けて撃つで!」

弟子・・・・うなずく

管理者、「1.2.3」

「バーン・バーン」

20161203 (10)

水面に、2羽のカルガモが浮いています。

作戦は完全に成功しました。
私は、4号弾
弟子は、3号弾

その距離、78メートル

完璧な作戦でした。


弟子が新たに開発した、「鴨キャッチャー2」で、回収に向かいます。

20161203 (11)

「ブィーーーーン」


ぜんぜん上手に引っ掛かりません。
撤退。

20161203 (12)

私のボートには、先端にプラスチックホークを付けています。
引っ掛けるのではなく、押すタイプです。
本日、初の出航でしたので改善点などを確認して試してみただけで終わりです。
次回は回収に向かいたいと思います。

20161203 (13)

結局、2台のラジコンボートは役に立たなくて、草むらをかき分けて回収するのでした。

20161203 (14)

素晴らしいカルガモです。


回収が終わり、余りにも完璧な仕事だったので弟子に向かって私は右手を挙げました。
米国人が、上手く行った時に手を挙げて「パチン」ってするやつを狙いました。

手と手が・・・・・・合わない・・・

「イエース!!!」みたいなのを想像しましたが、、、、、
なんのこっちゃ、、、、、


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



シーズン・4回目の鴨猟と泥だらけの瘦せコッチのキツネ・その1 :: 2016/12/03(Sat)
本日は弟子と2人で鴨猟です。
霧も晴れて天気も良くなってきました。

一つ目の池には、鴨が付いていません。

二つ目のとある池に到着です。
大きな池なので攻め難いですが、携帯電話を通話状態にして弟子と連絡しながらの攻略です。
今は無料通話なので助かります。

20161203 (1)

私が池の脇道をゆっくり進みました。
3羽の鴨が20メートル前に発見

「ガーガー」鳴いています。

気が付いていない様子

チャンスでしたが、見た事のない鴨だったので当然撃ちません。

池の反対側にカルガモが3羽居たので弟子が撃ち、鴨たちは逃げて行き、私も発砲しましたが残念ながら逃げられました。

大きな池は難しいと、いつも感じます。

20161203 (3)

次の池にも鴨が2羽

20161203 (2)

しっかり確認しますが、正体不明の鴨です。
こちらも、見送りです。
鴨についてしっかり勉強しないといけないと思います。

20161203 (4)

次の池は付いていない。

20161203 (5)

弟子の背中に寂しさがあります。


本日は、さみしい結果になりそうな感じがします。

次の池に行くと、他の猟師が入っていました。
会いましたが、手ぶらの様子です。

20161203 (8)

最後の池に向かいます。

すると・・・・・・・・・・・何か居ます。

エンジンを止めて写真を


「なんじゃろーか???」


20161203 (6)


野良犬か????


20161203 (7)

キツネです。
泥だらけの瘦せコッチのキツネです。

じーっと、こちらを見ています。
餌がないのでしょうか?



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



アポロ・BB・33グラムの力 :: 2016/12/01(Thu)
読者の皆様、こんばんは。
先週から上京していまして昨晩、帰ってきました。

いつも消費しかしない東京って、何か起きたら「一巻の終わり」と常に感じます。
怖いです。
大都市にお住まいで、田舎暮らしを現在目指している方、している方は、私と同じ気持ちではないでしょうか?
インフラが崩壊したら、どーにもならない都市です。

すみません。また、どーでもいい話をしてしまいました。スルーしてください。

20161130 (1)

それでは本題に。

明日、鴨猟に行くためにアポロ・BB・33グラムを買ってきました。
鴨の沖撃ちの為にです。

「BB」とは弾の大きさで、子供が遊ぶ鉄砲でBB弾。それと同じ大きさの弾です。
大きさは、4.5ミリ
弾とは、重たければ重たいほど遠くに飛びます。

33グラムとは、BB弾の総量の重さです。
33グラムだと、だいたい、60発~64発が容器の中に収められています。

いつも使用している、3号弾・33グラムだと130発~135発(※これで仕留めれないのですから、、、、)
弾の大きさが、3.5ミリです。

BB弾(4.5ミリ)=最大到達距離340メートル
3号弾(3.5ミリ)=最大到達距離290メートル

最大有効射程は50メートルと教本には書かれていますが、全く当てになりません。
BBだと、100メートルでも殺傷能力は十分と思います。
今後、結果をお伝えできると思います。

20161130 (2)

1発・132円です。
一箱25発入りで、3300円です。

アポロは、終売となりましたので在庫限りです。
残念です。

弾は、池の状況に応じて変えるのが良いと存じます。

私の場合、3号・4号・5号を弾帯に忍ばせています。
素人が物だけ揃えて、腕はダメって言う奴の典型です。(笑)

※決まりはありませんが、通常BB弾は、猿、キツネ、狸、鴨の沖撃ちに使用。

20161130 (3)

また、熊についてのニュースです。
岡山県での熊の出没が過去最多となりました。
日記の更新が止まったら、熊に殺されたと思って下さい。
自然から命を頂く以上、私も自然から命を奪われる覚悟は出来ています。

20161130 (4)

鴨猟に使用する銃では熊を仕留める為の弾は撃てません。
(※構造上の問題です。)
小さい粒のBB弾を撃てば、手負いにして怒り狂い私は殺される。

弟子と山の中を歩く時、いつも熊に遭遇した時どうするか?の話になります。


答えは、「一人が生贄になり、一人が逃げて助かる」事にしました。
どんくさい方が死ぬと言う事です。

スーパーに行けば、精肉された肉が売られているのに、なぜ、こんな命の危険を冒してやっているのでしょうか?
自分でもわからなくなる時があります。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。