鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



一先ず、玄関完成! :: 2015/02/28(Sat)
今日の天気は良さそうです!
軽トラの上で作業ができるので、効率よく進めれそうです。

2015022701.jpg

前回、斜めブロックと柱の隙間をコーキングで埋めましたので、焼板を全部張ります。

2015022702.jpg

う~ん、なかなかいいね!

2015022703.jpg

続いて、斜めの部分です。

2015022704.jpg

ガイドで角度を測ります。

2015022705.jpg

その角度を、丸ノコの角度と合わせまして、カットします。
同じ角度の物を、柱に打ち付け下地にします。

2015022706.jpg

「あっ」と言う間にお昼です。
なかなか、進まない。(汗)


今日も県北は寒いので、車中で、どん兵衛とおにぎりです。
読者の皆様、面白くなくてすみません。
今日もカップラーメンなんです。

家が完成したら、しっかりとした猪料理の食事をUPしますので。


スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



銃刀法の一部改正 :: 2015/02/26(Thu)
※銃刀法の一部改正されます。

-----------------------------------------------------------------
銃刀法の改正に伴い、3月1日より申請書式や提出する添付書類の内容や
 部数等が大きく変わります。
 3月1日以降に新規所持許可申請や更新申請、火薬類譲受許可証の申請などを
 行なう予定の方は間違えないようにご注意ください。
 主な変更点は以下のとおりです。

 ※このご案内は、警視庁発表の内容を基に作っております。
  地域によってはご案内の内容と違っている場合もありますので
  詳しいことは所轄の警察署にご確認ください。


≪添付書類関係≫
 ●顔写真のサイズ変更
   ライカ版(縦3.6cm×横2.4cm)→ 運転免許と同じサイズ(縦3.0cm×横2.4cm)
 ●提出する写真の削減
   2枚 → 1枚 猟銃等講習会申し込み、他府県からの許可証書換申請
   2枚 → 0枚 技能講習受講申し込み
 ●戸籍抄本添付の廃止
   本籍地の記載のある住民票(家族全員分記載のもの)を提出
 ●誓約書の廃止
   誓約書を提出するかわりに、誓約内容を確認して、申請書に新設された
   欠格事由欄にチェックする形に変わります。
 ●各種添付書類の省略
  ・すでに猟銃等の許可を受けている公安委員会に対し、新たに所持許可申請を行なう場合。
  ・基本銃以外の更新(新しい許可証の交付を伴わない場合の更新)を行なう場合。
  ・教習資格認定申請をしてから1年を経過していない方が所持許可申請を行なう場合。
  →上記に該当する場合、医師の診断書以外(同居親族書、身分証明書、住民票の写し、
    経歴書)の書類の提出を省略することが出来ます。
 ●各申請書類等の様式の変更
   ほとんどの書類の様式が変更されますので、
   3月1日以降に何かしらの手続きを行う場合は、各都道府県警のホームページなどで
   新しい様式の書類をご確認のうえ提出してください。

≪医師の診断書関係≫
 ●現行の精神保健指定医だけではなく、
  「過去に申請人の心身の状況について診断をしたことがある医師(かかりつけの医師)」
  (ただし歯科医師を除く)が作成した診断書でも可能となります。
   ※申請の際、過去に診断を受けたことがあるという証明(初診日の記載された診察券、
    過去の領収書等)の提示をお願いします。
 ●診断書の有効期限は3ヶ月としますが、有効期間内であれば繰り返し使用可能となります。

≪認知機能検査関係≫
 ●現行では、有効期間満了日の2ヶ月前から1ヶ月前の間に道路交通法の認知機能検査を
  受検した場合は、銃刀法の検査を受検したとみなしていますが、この受検期間が
  【5ヶ月前から1ヶ月前】 に延長されます。

≪技能講習の講習内容の変更≫ 本年4月1日から
 ●現行の実技試験重視から安全操作等の指導に重点を置く内容に変更されます。
  ・減点方式を改め、指導員等が射撃姿勢や射撃動作について指導を行う。
   (指導を受けたにもかかわらず、所定の動作ができない者は修了証明書の交付を
    受けられない。)
  ・射撃回数の変更(現行20回まで → 改正後10回以上)
  ・ライフル銃の標的のサイズ変更(現行16.6cm → 改正後33.3cm)
  ・射撃姿勢の追加 等々


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪と米ぬか :: 2015/02/26(Thu)
敷地内に撒いていた米ぬかが、きれいに食べられています。
思ったほど荒らしていない感じです。

CIMG4426.jpg

畑に罠を仕掛けたら、すぐにイノシシを捕獲できそうです。

CIMG4425.jpg

畑や家がある所では、鉄砲による止めが出来ないので、槍で止めないといけません。

先日の県民局での話ですが、囲い罠を畑に仕掛けてイノシシを止める件ですが、担当者は簡単に槍か何かで止めて下さい。
「鉄砲はダメですよ!」なんて、簡単に言います。

箱罠なら棒でも刺して、押さえが利くけど、囲い罠で槍で止めるなんて、非常に危険と思います。
それを考えると、罠はイノシシを鉄砲で止めれる場所でない自分の身も危ないと感じます。

素人は良く考えて、今後、いろいろ実践して行きたいと思います。

CIMG4422.jpg

山盛りの米ぬかが、きれ~いになくなっています。
腹がへっているんだね~


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



猟期終盤 :: 2015/02/23(Mon)
猟期も終盤です。
3月15日で終了ですので、しっかりと師匠に付いて行き、勉強したいと思います。

師匠から、「猪が罠にかかっとるけー、いくでー」

管理者、「はい!」

2015022301.jpg

ライフル師匠が止めまして、師匠がすぐに喉下からナイフを刺して、血抜きです。
だんだん、冷静に、平常心で観察、勉強、ポイントを見る事が出来るようになりました。

2015022302.jpg

最初は、女子高生のように、「わー、キャー」言っていましたが、今はちがいます。

2015022303.jpg

ばらすのを手伝いますが、骨に肉が残り、師匠のように綺麗にばらせません。
経験を積むしかないと感じます。

ここが、でーれーうめー、ほほ肉です。(※上記写真)

2015022304.jpg

この猪の毛皮を捨てるのが惜しいです。
吉備中央町では、この皮で財布~ジャケットまで製作して販売しているけど、猪の皮をなめす会社が東京にしかないらしく、東京まで送っての加工コストが高くつくと報道されていました。(※この情報は、うる覚えなので正確性を欠きます。)

これを着て、山小屋で生活しようかと考えてしまいます。

2015022308.jpg

師匠が、「やっぱり、この時期のオスは痩せとるの~」と言いました。
(※この度の猪はオスです。写真の通り脂が少ないです。)

理由を聞くと、「この時期のオスは、飯を食わずにメス猪を求めて山を探し続けるんじゃ」

師匠、「●●君と同じじゃ」(笑)

、、、、、、、、、、、、、「師匠、ぼくは、確かに女好きですけど、、、、、ご飯は食べます。」(^^;


※メスは、オスの逆で、子供を産む為に、脂が乗って肥えるとの事です。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



ここから焼板張りの連続です。 :: 2015/02/22(Sun)
今日は、焼板張りの続きです。

折れかね部分は、普通、板金で仕上げるのですが、余分なコストがかかるのでこのままです。

CIMG4567.jpg

隙間には、コーキングを先に流して置きます。(※写真の下参照)

それで、焼板を張り続け、隙間は焼板を張る時に、コーキングがペチャっとなり、隙間は埋まる計算です。

こぐちは、バーナーで焼くか? 塗るか?
コーキングを充填しているのでバーナーで焼くのは考えよう?

CIMG4576.jpg

今日は、ここで終わります。

全部、張り終えたら、いい感じになりそうな予感です。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



コーキング材で隙間を埋める :: 2015/02/21(Sat)
ブロックと柱の継ぎ目に1センチ程度の隙間が生じているのでコーキングで埋めました。

CIMG4559.jpg

エアーをしっかりと吹いて、ゴミを飛ばして、しっかりと充填。

CIMG4561.jpg

充填後、指で、「ピー」っとなぞれば、完了です。

CIMG4563.jpg

綺麗に仕上がりました。
この、ひと手間が冬場の居住に違いが出ると思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



煙突の横穴 :: 2015/02/19(Thu)
今日しか予定が空いていないから無理してきたけど、天気予報通りだった。
雪・雨・晴・雪・雨・晴・・・・・・・・山の天気はよく変わるな~

2015021901.jpg

軽トラを荷台を作業台に出来れば、やりやすいけど、今日は屋内で作業をするしかないです。

2015021902.jpg

この開口に煙突の横穴を作ります。

2015021903.jpg

つかう材料は、ガルバです。

2015021905.jpg

柱に中仕切りを入れて、ペアガラスではなく、ペアガルバにします。

2015021906.jpg

寸法通り、切り、切り、、、

小さく切れば取り返しがつきませんので、少し大きめに切りまして、合わせては切り、合わせては切りの繰り返し。

2015021907.jpg

綺麗に収まりました!

2015021909.jpg

ステンレスビスで留めます。

横から吹き付ける雪に雨。
ステンじゃないと錆びてかっこ悪いので。

2015021910.jpg

内側も同じ様にガルバを切りまして、綺麗に納めます。

これで、薪ストーブを設置して、煙突を立てて、寸法取りをして、ガルバに横穴を空けます。
この作業は、一番最後になるので、夏ごろになると思います。

これだけ、煙突と、木の部分とのリーチが長ければ火事など起きないでしょう。
前回の小屋の、4倍のリーチです。

中仕切りの中に、ガラス繊維を入れれば断熱効果も生まれていいと思うけど、気持ち悪くて使用しません。

2015021912.jpg

焚き火も出来ないから、とにかく寒い。

自宅から持ってきた、いなり。
この寒さの中、車の中で食べるドン兵衛が、たまらなくおいしい。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



鳥猟が終わりました。 :: 2015/02/18(Wed)
鳥猟が2月15日で終わりました。

数日前の話でですが、終わる前に、最後の鳥猟に師匠とライフル師匠の末席に加えさせて頂きました。

CIMG4462.jpg

この日は、キジ、山鳥、鴨6羽と遭遇しましたが、、、、、、、、_| ̄|○


写真、、、、何もないんです。
この、風景しか。


丸丸太ったキジが30メートルほど前を綺麗に飛んで行く最大のチャンスがありましたが、、、、、、スカ

師匠、ごめんなさい、、、、、_| ̄|○


CIMG4466.jpg

ワンちゃんも頑張ったのですが、、、、、、

残念な結果でした。


師匠は、
「今年やりだしたばーで、キジや山鳥が見れるんじゃけー、○○君は運がいいよ!」
「なにも出ない時なんてしょっちゅうじゃけ~」(笑)


私は、本当に素晴らしい方々に出会い、恵まれました。

「水は方円の器に随う」と言います。
人は、交友関係や環境によって、良くも悪くもなると言います。
猟の技術ではなく、人間的にも師匠に習う事は多く、感謝の日々でした。

猪猟は、もう1ヶ月もありませんが、最後まで、人間的にも、猟の技術も磨きたいと思います。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪の心臓 :: 2015/02/15(Sun)
師匠から、「猪が罠にかかったから行くで」と連絡がありました。

師匠の言われる事は、何事も全て勉強になるので時間があれば、どんな事でも手伝いします。

2015021508.jpg

山中奥深くに入って行きます。

何も出来ない私は運び役です。

2015021506.jpg

今日は、師匠のBさんが、猪を気絶させる役です。

マジで、危険で恐ろしすぎる役です。
私に出来るレベルではありません。
鉄砲で止めればいいのに、師匠たちは極力鉄砲は使いません。

理由は、味が悪くなるからです。

2015021504.jpg

すぐに、師匠が、心臓にナイフ。
血がのどの下から流れ出ます。

私は、ユーチューブや本で知識を得ていますが、やはり分からない事が本当に多いです。
自分の本当の体験で肉眼で経験した事は、今後の自給自足に最高の経験となりそうです。

ハンパではないです。
プロの仕事です。

2015021509.jpg

牙にワイヤーを掛けて山奥から出します。

2015021502.jpg

内臓を全て取り出します。

2015021503.jpg

そして、池に入れて、猪を冷ませます。

2015021501.jpg

師匠が、「今日の心臓は●●君にやるから、持ってかえりゃーええよ!」

ありがたく頂いて帰り、即、焼猪です。
塩コショウのみで、グリルで焼いて美味しく頂きました。
コリコリして最高です。


山の恵み、猪の命に感謝して、一日を終えました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:5



素人が鴨猟に行く! :: 2015/02/12(Thu)
猟師の先輩方々に、いろいろなお話を聞いたりして勉強してきました。
まだまだ知らない事が多すぎて、一人で猟に出るのは不安な事が多くありますが、とにかく事故だけは絶対に起こさない事だけを肝に銘じて、本日、出猟です。

2015021203.jpg

先輩猟師から聞いた、とある池です。

2015021201.jpg

最初の池で、早速、何やら泳いでいます。

おいおい、いきなり鴨が居るよ!

ドキドキです。

2015021202.jpg


何じゃあれは、、、、、、、、、


ヌートリア、、、、、、、、(∵)


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:3



鴨がたくさん飛来している。 :: 2015/02/10(Tue)
仕事の途中に大きな川の横を通れば鴨が気になります。

2015020602.jpg

とんでもないほどの数の鴨を発見!
肉眼でも分かる、マガモが無数に居ます。

2015020601.jpg

鴨たちは人間に襲われない場所を知っている様子です。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



薪ストーブの移動 :: 2015/02/08(Sun)
今日は、小さい家の薪ストーブを建築中の家に移動させます。

2015020809.jpg

少し前の話ですが、薪ストーブを使用している知人の家が火事になりました。
煙突と壁の貫通場所からの火事でした。

プロが施工した煙突の施工でも火事になるのですから、薪ストーブは冷や汗物です。
聞いてはいませんが、煙突掃除を怠っていたか?、不良めがね石の使用か?、などが、火災の原因ではないでしょうか?

この度の新しい家の煙突の施工は、知人の焼肉屋で施工している方法をマネをして行いたいと思います。
非常に安全な施工だと直感的に感じた方法です。(※後日詳しく掲載します。)

2015020807.jpg

一人の力では移動できないので、ユンボで吊り上げて移動させました。

2015020803.jpg

この機会に大掃除です。

2015020804.jpg

この写真のド真ん中に煙突が通ります。

2015020805.jpg

今日は時間がないので、煙突のバラシは後日にします。

一先ず、こんな感じで放置です。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



築造再開 :: 2015/02/06(Fri)
岡山県北は、天気が悪くて築造がなかなか進んでいませんでしたが、今日は久しぶりの快晴です!

頑張って行きます!
軽トラの上でフクビのエアーテックをサイズ通り切り、壁全体に張ります。

2015021209.jpg

このエアーテックを張るだけで、室内の防寒効果は全く違います。

DSC_0036.jpg

続いて、焼板を張って行きます。

DSC_0025.jpg

天気も良いので、どんどん進みます。

焼板の長さが2メートル、ちょうど角まで5センチ足らない、、、、
角に、短いのを張らないといけなくなりました。

DSC_0030.jpg

調子よく進めて行くと、玄関の上、、、、、

寸法通り、焼板を切りました。

エアーテックが小さく覗いています。

DSC_0032.jpg

玄関ドアの真上に抜け節が当たり、その下にエアテックが見えています。
これは見過ごせない。やり直し、、、、あ~あ

DSC_0037.jpg

焼板を張ると、しゃんとしだした感じがします。
時間となりましたので、これで帰ります。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



猪の被害・その2 :: 2015/02/05(Thu)
昨日、私は下記のように投稿しましたが、修正と補足を加えます。

>>>岡山県は、罠猟の登録が無くても、農業者が自分の敷地のみに罠を掛ける事が許されています。

※正しくは、下記の内容になります。

1、自分の敷地(農地)なら、囲い罠のみ許される。
2、罠免許、罠猟登録は、不要。
3、農林業者のみ許される。
4、農家で、自家消費だけの農家は場合はダメ。道の駅などで少しでも販売している農家の場合は許される。
5、11月15日~3月15日までの期間限定。
6、父親所有の農地に息子が罠を仕掛けるのはダメ。父親のみ許される。

その他、敷地(農地)に罠を仕掛けても許される場所については、岡山県にお問合せ下さい。
農地でも、仕掛けてよい場所、いけない場所があります。

以上が、だいたいの概略です。

以上の条件を考えると、私の場合は、自家消費のみなので、当該敷地に罠を仕掛ける事は出来ません。残念です。


他県でも「罠」については緩和されているので、全国の読者の皆様の参考になると思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猪の被害 :: 2015/02/04(Wed)
猪の農業被害は200億円を超えているそうです。
本日、私の敷地も、荒らし放題のボコボコで、本当に許さん!って感じです。

2015020401.jpg

今日は、猪に米ぬかを食わすために持ってきました。

2015020402.jpg

ここは、未開墾で草ボーボーでしたが、猪が荒らして、トラクターを掛けた状態になりました。


2015020403.jpg

猪に荒らして欲しい場所に、米ぬかを撒きます。
私の考え通り行くかは分かりません?

その他、5ヶ所程度撒きました。

2015020404.jpg

岡山県は、罠猟の登録が無くても、農業者が自分の敷地のみに罠を掛ける事が許されています。
(※罠猟の免許は必要です。登録とは、岡山県に登録をして、罠猟が出来ます。)
(※私の場合は、罠猟の免許はあっても、罠を仕掛ける事が出来ません。なぜなら、登録してないから。)
(※必ず、県民局にお問合せ下さい。その他、様々な許可や制約があるかもしれません。)

後日、米ぬかがどうなったか?敷地がどうなったか?を、掲載します。
食われて終わり。になれば、次は、罠を仕掛けます。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。