鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



フクビ・スーパーエアテックの保熱効果 :: 2014/08/31(Sun)
今日は久しぶりに築造の再開です。

2014083109.jpg

2ヶ月前にドアまで付けて中断していました。

2014083108.jpg

フクビ・スーパーエアテックをサイズ通り切ります。

2014083107.jpg

綺麗に張れました。

断熱材にグラスウール(ガラス繊維)は使用せず、フクビ・スーパーエアテックのみで室内の保熱を狙います。
最初に建築した小屋もフクビ・スーパーエアテックのみで寝泊りしていますが、全く問題なく、快適です。
それより、グラスウールの人体に対する影響の方が気持ち悪い。(※あくまでも私見です。)

カネカのカネライトを使用できれば一番いいのですが、、、、、値段が高いので断念
機会があれば使用してみます。

2014083106.jpg

続いて焼板を張ります。

2014083104.jpg

ロール釘ですが、左は安物の普通の釘、右は焼き板用の螺旋(らせん)釘です。
値段は高いですが、ここは、「必ず」螺旋釘を使用しないと焼板が浮いてくるので必須です。

2014083105.jpg

6時過ぎから作業して、もう昼です。
時間が掛かり過ぎています。

今日は、カップヌードルカレーと7イレブンのおにぎりです。
おにぎりは7イレブンが一番おいしい。


※長くなりましたので、続きはまた明日書きます。


スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:1



高梁市・方谷庵の絶品蕎麦 :: 2014/08/29(Fri)
※連日の雨で、ねた切れになってしまいましたので、今日はいつもと違う内容でどうぞ。



早めに作業を切り上げた時は、帰り道の「高梁市・方谷庵の蕎麦」を食べに寄ります。
酷暑で食欲がなくなる今年の夏だけで何度もお世話になりました。

2014082901.jpg

岡山県人なら誰でも知っている、山田方谷から店名を頂戴していると思います。

2014082902.jpg

蕎麦は、「二八」と「十割り」の二つから選べます。

私も大晦日は必ず「二八」でそば打ちをして家族で楽しんでいます。
最終的には、自分で蕎麦を育てて、方谷庵のような蕎麦が打てたら理想です。
高梁市に来たら寄ってみたらどうでしょうか?
味は私が保証します!

2014082903.jpg

舞茸のてんぷら(350円)もオススメです。

それから、現存する山城で日本で一番標高の高い備中松山城(100名城の一つ)が近くにありますので、雲海で有名な竹田城跡と並ぶ天空の城でも備中松山城は有名です。

これから、紅葉の季節にもなるし、新蕎麦も出るのでどうぞ!



  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:0



倉敷市茶屋町の丸五の長靴 :: 2014/08/28(Thu)
草の生長も鈍化して草刈のシーズンも大詰めを迎えています。
朝晩は涼しく秋の気配が感じられます。

2014082801.jpg

山中の作業で必ず必要なのが長靴ですが、今までホームセンターで700円、800円程度の長靴を購入していました。
半年もしない内に側面が切れるのです。
安物買いの銭失いでした。

いままで4足程度はダメにしていますが、「倉敷市茶屋町の丸五の長靴」の強さは群を抜いています。
3,500円程度ですが、丈夫で安全で既に2年は履いています。

地元びいきの話ではありませんので、よろしければお試し下さい。
※アマゾンなどで購入できます。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:2



25皿中、22枚を打ち落とす。 :: 2014/08/27(Wed)
今日は倉敷の射撃場に練習に来ました。
いつものベテランの方々が楽しんでおられていまして、私もトラップ競技に混ぜて頂きました。

競技終了後、「姿勢が悪い、直した方が良い」など指摘して頂き、3ゲーム目には、25皿中、22枚を打ち落としました。
そこそこ形になりだしましたので、猟期には間に合いそうです。

2014082702.jpg

スキート競技をする射台から撮影しました。
私の銃はトラップ銃なのでスキート競技は出来ません。

厳密に言えば、やろうと思えば出来るとの事です。
管理者さんから、「やってみるか」と言われましたが、、、、、素人があれもこれもしたら怪我の元なので(汗

2014082701.jpg

お皿(クレー)が切れたとの事なので、標的射出棟でお皿を補充
箱を運んで少しお手伝いました。

この皿の1枚当たりの仕入れ値はいくらなんだろ~? と、考えてしまう私でした。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:0



土管と猪の穴 :: 2014/08/26(Tue)
また、猪が穴を掘ってミミズを探して「ごじゃくそーをしとる」(岡山弁)

私が住みだしたら、「猪の野郎はただでは済まさない」と、いつも直しながら考えています。

2014082601.jpg

が、、、、、、本当は、私が猪の領域を侵しているのですから、猪には申し訳ないです。

2014082604.jpg

こんな感じでユンボで直します。
大雨が降ると表土が流れるので、秋までに草が早く生えて欲しい。

2014082605.jpg

沢ののり部分もやられています。
ここは早く直さないと沢に土や砕石がどんどん流れ落ちるので、気が付いたら即直します。
今まで、5~6回えぐられています。

2014082603.jpg

直している最中に、のり部分の土の中から土管が出てきました?????

2014082602.jpg

土管は超重宝するので「ラッキ~」って感じです。
今まで、沢で2本拾いました。

誰かが投棄したのでしょうか?
悪い奴がいるもんだ。


土管の利用方法は、またの機会に掲載します。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:5



瓜坊(うりぼう)・その2 :: 2014/08/25(Mon)
分かりにくい写真なので掲載を見送ろうと考えましたが、よろしければ写真を御覧ください。

2014082502.jpg

どこに瓜坊が居るか分かりますか?

2014082501.jpg

気持ちよさそうに寝ています。

私は、母親イノシシの襲撃が怖くて速やかに撮影して退散しました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:0



瓜坊(うりぼう) :: 2014/08/24(Sun)
私の敷地をうり坊がテクテク歩いていました。
こっそり近づいて写真を撮ろうと思いましたが、その瞬間「これはヤバイ」と感じました。

母親イノシシが近くに居たら、俺は死ぬと感じました。

2014082402.jpg

村の方が、「ここは、イノシシがよ~でるけ~ 母親と子がおる時は、とっしんしてくるけー、きょうつけにゃーおえんで」と言われた事を直ぐに思い出しました。

※子が居ないと時は、人間の気配で直ぐに逃げて行くとの事です。

軽トラに乗り込み、ゆっくり近づきましたが、うり坊はなかなか逃げません。

2014082401.jpg

その後、山林に入って行き、行方が分からなくなりましたが、どうなったかな~と?探すと隣の草むらで寝ていました。
2メートルほどの至近距離で撮影しましたが、草が繁茂しすぎて撮影状況が悪いので掲載出来るほどではありませんでした。

これほど、うり坊が無警戒だとは驚きです。
まだ、人間の恐ろしさを知らないのでしょう?



  1. 自給自足の軌跡
  2. | コメント:0



寝るところ :: 2014/08/23(Sat)
どんな感じで寝ているの?との珍しい質問を頂きました。

2014082301.jpg

小屋は6畳
半分の3畳分、座が上がっています。

2014082302.jpg

こんな感じにアルミを敷いて寝ています。
冬は寝袋で夏は何もなしです。

2014082306.jpg

ロフトもありますが、一度も使ったことがありません。
オジサンになると上がり降りが面倒くさいのです。

2014082304.jpg

今日の昼飯はどん兵衛とおにぎりです。
まだ炊事場がないので料理ができません。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



福岡城・門の修復 :: 2014/08/21(Thu)
所用で福岡県に来ました。

2014082106.jpg

時間が少しでもあれば、古戦場に城跡などを巡るのが私の趣味です。

2014082103.jpg

素晴らしい立派な門です。

2014082104.jpg

材は檜の様子です。
腐った箇所を、何箇所も分けて修復しています。
少しでも昔の材を残す管理者の考えだと思います。
素晴らしいと思います。

3段継ぎの内部を、どのように組んで修復し固定しているのか知りたいですが、平日なので管理されている方は誰も居なくて聞けませんでした。

残念ですが、時間がなかったので1時間ほどで退散しました。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



ぶどうのような花? :: 2014/08/20(Wed)
作業をしている時に珍しいぶどうのなりごのような花を見つけました!

2014082002.jpg

つぼみが若干開きかけています。

2014082001.jpg

名前は分かりませんが面白い花です。
年中、この敷地内に色々な野花が咲くので、これもまた楽しみの一つです。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



川で泳ぐ :: 2014/08/19(Tue)
子供たちを連れて当地から少し下流の、いつもの穴場スポットに来ました。
夏休みなので子供たちは自由です。

2014081901.jpg

私も泳ぎ、この自然を満喫。
旭川の源流なので水の綺麗さは半端ないです。

プールで泳げば、カルキや塩素が多量に投入されているので目がチカチカしますが、開眼してもここでは泳げます。
自給自足、田舎暮らしを計画している読者の方々には、一に水、二に水、三も水で計画して、日当たりや畑や田んぼよりも水を第一に考えて頂きたいです。


(下記、水道水まるわかりナビから)
カルキとはオランダ語が語源で「石灰」のことですが、水道水の殺菌、消毒で使われるカルキと呼ばれるものは、ドイツ語のクロームカルキから来ていて、塩化石灰を指します。
さらに、塩化石灰に含まれている塩素は、微生物を分解するときにトリハロメタンという物質を発生させます。このトリハロメタンとは、なんと発がん性物質なんです。
しかもカルキ、つまり塩化石灰は、髪や肌のタンパク質を破壊し、細胞に大きなダメージを与えます。 肌の保湿力などを低下させ乾燥肌を引き起こし、子供では免疫力の低下が起き、骨の軟化やアトピー性皮膚炎を悪化させる原因とも言われています。
どうりで、金魚や釣ってきた魚などを水道水の中に入れておくと、すぐに死んでしまいわけですね。




  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



道具小屋 :: 2014/08/18(Mon)
寝泊りしている小屋が道具小屋になりつつあります。
朝から雨なので、久しぶりに掃除をして整理整頓。

2014081801.jpg

やり残した事が多くて、今日で帰るのが淋しいですが、また次回です。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



炭酸水素ナトリウム(重曹・食用)で洗髪 :: 2014/08/17(Sun)
山小屋生活も二日目です。
お風呂も昼、夜と入り贅沢な入浴をしています。

私は、当地でビニール系の物は絶対に燃やさないし、手洗い所やお風呂で化学洗剤なども使用しません。
そのなかで、洗髪、洗体は、この白い粉を使用しています。

2014081608.jpg

炭酸水素ナトリウム(重曹・食用)です。

2014081602.jpg

大さじ1杯と水60~70mlを入れてかき混ぜます。

2014081604.jpg

お湯が沸いたので入浴します。

ガス代不要、水代不要、自然から享受出来るこの環境を大きな幸せと感じます。
是非、読者の皆さまにも山奥の土地を購入して実践して頂きたい。
これほどの贅沢と心の充足はありません。

2014081607.jpg

先ほどの白い粉を水でかき混ぜて、2~3回しっかりと混ぜたら、頭に全部掛けます。
少し、「ぬ~る~」としていますので、しっかりと頭をゴシゴシして、垂れた汁で体を洗います。

お湯で洗い流せば、頭も体も、「キュキュキュ」となるぐらい綺麗になります。
食用の炭酸水素ナトリウムなので自然環境を壊す事はありません。

塩や灰も試しましたが、炭酸水素ナトリウムが一番良い感じがします。
私の洗髪後の写真ですが、綺麗な感じに洗えています。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



養殖池の給水工事 :: 2014/08/16(Sat)
今日は、養殖池の型枠をばらします。
型枠の底の部分は、土圧で押さえていたので周りを「ぐるり~」と掘ります。
後の左官職人さんの作業も考えて、やや広めに掘りました。

型枠をばらす途中は、プレゼントの箱を開ける気持ちでした。

友人に賛助頂き、ここまで出来きた事が嬉しく、素人でもやれば出来ると強く感じました。

2014081610.jpg

多くの部分に玉が出来て格好悪いですが、仕上げは、左官さんか私が塗りで対応するので問題ございません。

2014081613.jpg

先行配管していた給水管を繋ぎます。

2014081612.jpg

25バルブもガッチリ付けました。

2014081611.jpg

バルブを開けると、綺麗な水が順調に出てきました。
これで、冬の厳しい時期の凍結を免れる事が出来そうです。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



うんこと銀バエ :: 2014/08/15(Fri)
お盆休みなので泊まりで当地に来ています。
日頃、小屋の掃除や樋の葉っぱ取りなどが出来ていなかったので、心にゆとりを持って作業が出来ました。

そして、いつも野糞をしていましたが、今日はトイレ初糞の日です。

2014081504.jpg

大自然の中で糞をするのは本当に気持ちがいいです。
なんか、いつもより快便のような気がします。

それから、30分ほどで銀バエが無数に私の糞にまぶれ付いています。
(※画像でお伝えできないのが残念です。)

2014081502.jpg

トイレの横にストックしている残土を糞と銀バエにドバッと掛けます。
無数の銀バエが糞と地中の中に。

これが、自然です。

(※まさかコメントに、「恐ろしい人間から、銀バエさんが逃げ切れますように。」なんて言葉が出てこないだろーな?)

2014081501.jpg

人など誰も来ない山奥ですが、もし、村人が来たら「変態」と思われるかも知れないので、早急に壁を作ろうと思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4



ミロクMSS-20CPの所持許可 :: 2014/08/11(Mon)
ミロクMSS-20CPの所持許可を頂きました。

2014081103.jpg

この綺麗なスタイル
今は製造中止しているので、中古品で購入したミロクMSS-20CP
20万円(税別)
前使用者の方は、10発しか打たなかったとの事です。

ほとんど無傷の品です。

2014081102.jpg

銃身と先台の隙間に「スッー」と一枚の紙が入ります。
さすが、ミロク
この製造技術は神業だと思いました。

2014081101.jpg

これで、猪用、鳥用の猟銃が2丁揃ったので、もう鉄砲は必要ありません。
更に練習を重ねるだけです。

射撃の技術や獲物の解体方法を会得すれば自給自足の生活が近づきそうです。
そして、プロの猟師さんと御友達になれたので、今年デビューできそうです。

腕を磨き、山からの幸を頂く事が出来れば、お金なんてほとんど不要となる。
「さらば、俗世」となる予定



※お盆休みに養殖池の型枠を解体しますので、掲載まで少しお待ち下さい。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:10



鶯谷 :: 2014/08/10(Sun)
※本日は、まったく脱線した投稿なので、批判する方は読まないで下さい。


今日は、所用がありましたので東京に来ました。
そのついでに約20年前に住んでいた近所の駅、街を見に来ました。
鶯谷駅はラブホテルだらけの街でした。(※今でもそうですが。)

2014081007.jpg

駅前にはソープランドの送迎(吉原行き)の車が夜になると列をなしていました。
私は貧乏で、ソープランドなんて行ける訳ありませんでした。

2014081006.jpg

帰りに立ち飲みでオジサン達が焼き鳥片手にいつも飲んでいたお店
まだ元気に営業している様子
なんか20年前より綺麗になっている感じがします。
昔は、油がドロドロで「キタナシュラン」クラスのお店だったと記憶しています。

オジサンの中には入れなくて、私は持ち帰りで買っていました。

2014081003.jpg

「鍵屋」、居酒屋です。
すごい有名な店らしーです。が、一度も行った事がありません。
全く、お金がなくて、すぐ近所の酒屋でタカラ・カンチューハイレモンで我慢していた。

「鍵屋」の真裏に住んでいたので、金を握ったらいつかは行ってやると考えていました。

不二荘と言う、風呂無しアパートに住んでいましたが、立派なマンションに変わっていた。
何か、寂しいと感じます。

2014081005.jpg

肉のえびすやも元気に営業していた。
毎日通っていた銭湯の目の前の肉屋さん。
コロッケやからあげ、焼き鳥などもあって買って帰っていました。

2014081008.jpg

ここで働いていました。
日当6,000円だったかな???
上野公園の入り口の前でした。

2014081009.jpg

その当時は、上野公園に入るお金もなくて、目の前で働くだけで通り過ぎていました。
なので、新婚旅行は上野公園にしました。

2014081001.jpg

テレビ東京のアド街で入谷の特集をしていた時に、「恐れ入谷の鬼子母神」が私が住んでいた所にあるのだとは知らなくて、この度、お参りさせて頂きました。

2014081002.jpg

この欅の赤身、素晴らしい。
建物全てが欅の赤身で建築していました。
お寺の方にお話を聞くと、人間国宝級の方が建築したそうです。
そして、住職の親戚の方が欅の乾燥材をたくさん持っていたのだそうです。

それにしても立派なつくりに、素晴らしい材です。

20140810008.jpg

文京区役所の展望台から東京スカイツリーが見えます。
この都市は化け物です。
田舎者がたくさん集まり、一極集中の都市、山村は過疎化し崩壊しています。
こんな事が長続きするはずありません。

大量のエネルギーと食料を消費し、●しか生み出さない都市

今の私には、もう住める場所ではありませんでした。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4



友人 :: 2014/08/08(Fri)
今日は、養殖池の立ち上がりに生コンを流す為に、友人3人が手伝いに来てくれました。
様々な段取りをしている内に写真を撮る余裕がなく、本日の写真掲載は3枚のみとなります。

2014080803.jpg

幅15センチ、立ちが75センチ
これに生コンを流すのが本当にきつかった。

土間を打つのとは訳が違った。
3人の応援がなければ絶対に打ち切れなかった。

2014080802.jpg

生コンを流す途中に、「バキ、バキ」と一箇所異音が、、、、
完全に型枠が膨れ上がり、、、、ヤバイ

すぐに、ユンボを出してきて

ツメで押さえる

内側は、垂木2本で補強

何とか、、、崩壊を免れました。


水槽なのでセパレータは使用しませんでした。
木の突っ張りのみで組みましたが、何とかやりきりました。

一時は、「崩壊」したと思いました。

作業完了後、これが、素人施工の醍醐味だと感じました。(笑)

2014080801.jpg

続きまして、薪割りです。
現代社会で薪割りを経験する事はあまりないと思いますが、その中で友人3人頑張ってくれました。
翌日、肩が上がらなくなったと思いますが、、、、

たくさん薪割りをして頂き、本当に助かりました。

2014080620.jpg

作業終了後、汗を流しに歩いて5~6分程度の滝に行きました。
私が、「これが、滝じゃ、、、、、、」(笑)
あまりの小さな滝?に友人たちは、、、、言葉なし

ここで、友人たちは水を飲み、体を洗い、本日の作業は完了となりました。


友人に感謝の一日でした!

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



排水口を抜く :: 2014/08/07(Thu)
養殖池の底の部分が固まったので今日は立ちの型枠を組みます。

2014080701.jpg

最近は天気が悪くて雨がぱらつき、排水口の周りに水が計画通り溜まっています。

「よしよし」って感じです。

2014080707.jpg

それでは排水口を抜きます。
ユンボにワイヤーを付けて、口内サイズの木を噛まして、ゆっくり引き上げると。

「ポン」

綺麗に抜けました。

そして、水も綺麗に抜けていきました。

2014080709.jpg

それと補強で、D10の鉄筋を帯のように3段組みます。
4Mの鉄筋をコーナンプロで購入して、3M・1Mで曲げました。
(※コーナンプロでは、切断+曲げが出来る工具がありまして無料で使用可能)

2014080702.jpg

鉄筋組が素人なりに上手に出来たと思います。

2014080703.jpg

残材を使用して内側の突っ張りを入れます。
不規則ですが材を切った場合、色々な場所で再使用する時に困るので出来る限り「ありのままの材」で突っ張りました。(笑)

2014080704.jpg

外側の型枠の寝起きの型決めは、生コン注入当日の早朝に手伝いに来てくれる友人と一緒に行います。
これで一先ず型は完成です。

今日は、予想以上に時間が掛かった(汗)


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



薪置き場 :: 2014/08/06(Wed)
友人たち手伝いに来てくれるので、薪割り地獄をお見舞いする為に薪置き場を新設する事としました。

2014080601.jpg

3年前に写真の小屋を建てた時に、この場所は薪置き場にする予定でした。

2014080603.jpg

その時に先行してボルトを突き出して置きました。

2014080602.jpg

柱の裏に15センチ程度の深い穴を開けて、柱を突き刺し、先端は少しかいで、固定させる施工です。
これで、友人たちがどれだけ薪を割ってもストックが可能です。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



電柱の基礎 :: 2014/08/04(Mon)
生コンを注文する時、必ず少し多めに頼みます。
余ると生コン屋さんが持って帰ります。
岡山県南だと処分料を請求されますが、県北は無料で持って帰ってくれます。

2014080306.jpg

私は、お金を払って生コンを買っているのに、ただで持って帰ってもらうなんてもったいなくて。
なので、余った時用に投入できる場所を確保しておきます。

2014080301.jpg

予定通り生コンが余りましたので手動ウィンチでレベルを出して生コン投入!
今まで電柱がグラグラしていましたが、これでしゃんとします。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



生コンを打つ :: 2014/08/02(Sat)
ついに、養殖池造りも終盤戦を迎えました。

いつもお願いしていた左官職人さんが仕事が忙しくて、高校の同級生で家業が左官屋をしている友人に来て頂きました。日当は2万円×2名(※道具は持参)で、材料等は全て私持ちの条件でお願いしました。

2014080201.jpg

生コン車は、9時定刻通りに来て、整備した進入路の奥まで入れました。
生コン車から、直に打ち込みます。
高さ1.1Mまでなら、生コン車から直に流せます。

2014080208.jpg

ここから職人さんの腕の見せ所です。
約2Mを5センチの勾配で排水穴に流す計画です。

2014080205.jpg

綺麗に仕上がっています。
水を流すのが楽しみです。
(※緑の養生した物は、「スポッ」と抜ける計画です。)

2014080204.jpg

天候次第ですが、来週には横筋を入れて、立ち上がりのパネルを組みます。
そして、友人二人が手伝いに来てくれるので、それに合わせた日に生コンを注入します。

友人はもちろん素人で、私も素人なので少し不安ですが、頑張ります!

2014080206.jpg

水槽の底の作業だけでは、左官職人さんの手が余ると予測していたので、ブロックを28個もついてもらう仕事もお願いしていました。
台所は七輪を使うことにしたので、バックはブロックの方が安全と考え、この度、ブロックを長くする事としました。

2014080203.jpg

目地も綺麗に取って美しい仕上がりです。

やっぱり、プロの仕事は一味違うな~と感心です。
この日も非常に暑くて大変な一日でしたが、達成感のある、気持ちの良い一日でした!


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



進入路を直す :: 2014/08/01(Fri)
※本日の投稿は、数日前の作業になります。投稿が抜けていました。


水槽を造るのに生コン車が入って来るのですが、運転手さんが、いつも進入に悪戦苦闘していたので、なだらかに直そうと思います。

2014080101.jpg

進入路の表面には真砂土を敷いていたのですが、掘り起こした田んぼの土と混ざるのですが仕方ありません。

2014080102.jpg

大きな穴を掘りまして、いままで溜めていた石を全部掘り込み嵩増しします。
※石は草刈の天敵なので、こまめに拾い集めていました。

2014080104.jpg

石を詰め込み、埋め戻し、なだらかに仕上げました。

2014080103.jpg

これで、スムーズに入場できると思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。