鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



猟師になる方法(狩猟免許試験)・その7 :: 2013/05/31(Fri)
5月某日、散弾銃の所持許可申請は既に倉敷警察署に提出済なので、次なる関門、「狩猟免許試験」です。

仮に散弾銃を所持できても、狩猟とはまた別の免許なので、狩猟免許がなければ、射撃場でしか射撃は出来ないので、岡山県備中県民局内の自然環境課に書類を頂に行きました。

CIMG9944.jpg

また書類が多く必要です、、、また、医師の診断書が必要です。
(※銃砲刀剣類所持等取締法の規定による所持許可があれば写しでよいのですが、私には所持許可がありません。)

CIMG9942.jpg

試験に1発で合格できる自信がない方は、猟友会が主催する講習会を受講するのです。
当然、素人の私は講習会を受けます。(すみません。ど素人な者で。)

同じ、敷地内に倉敷地区の猟友会の事務所があるので、講習会の申し込みも行ないました。
費用は4000円です。
講習は、7月13日・9時~夕方4時
この年で、長時間の講習などは、本当にキツイ。
頑張るしかありません。

CIMG9945.jpg

岡山県備中県民局・3階・農林水産事業部・自然環境課に行き、様々な説明を受けました。
担当者の方が非常に丁寧で、親切。

最近は狩猟者が減少していて、新規の狩猟者を募っているとの事。

ニュースでもありますが、街にイノシシや熊などが出てきて人間がやられる場合、猟友会の力が必要だとの事です。


射撃教習で私を指導して下さった、O先生は、害獣駆除の指定を受けている方で、猟の期間が終了していても、鉄砲を撃てる方でした。
O先生クラスになるには、よほどの訓練と経験、そして専門性が必要と感じました。

(※私の拙い表現で、説明に誤りがある可能性があります。その場合はお許し下さい。)



スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



猟師になる方法(ミロク・MS2000の購入)・その6 :: 2013/05/27(Mon)
5月某日、馬場銃砲火薬店で、ついに散弾銃を購入する日を迎えました。

馬場銃砲店は、気さくなオヤジさんに、笑顔の素敵なおばちゃんが居て、素人の私の質問にも何でも答えてくれて、初心者には大変優しいお店と感じられました。

鉄砲も定価の15%の値引きをしてくれ、高額商品を買う初心者には助かります。

201305271.jpg

本日は、事前に予約をしていたミロク・MS2000 TRAP GR1 を購入???と言いますか、譲渡等承諾書だけを頂く。(※鉄砲は持って帰れません。5万円だけ内入れして、書類を頂くのです。)


その、譲渡等承諾書を、倉敷警察署に提出しますが、その時に、また、また、精神病院行くのです。

2回目の精神病院(※指定病院・その辺の精神病院ではダメ)ですが、医者に前回と同じことの繰り返しです。
(※もちろん、分かりますよ。頭の狂ったやつが銃などを所持したらとんでもない事になる事くらい。せめて、1申請、1回の精神病鑑定にして欲しいと思いました。が、ここまで厳格にする方が良いとも思いました。前回同様、診断料5,000円)

そして、住民票、戸籍、職歴、犯罪歴、誓約書、、、、その他、いろいろ添付して、またお金、11,000円の申請費用

これで、警察に届け出て、許可が出れば、銃砲店に許可書を持って行き、完了となりますが、、、、


なんと、また、私の家の保管場所予定の確認と、警察が近所を聞き込みをすると言うのです。


それを聞いた時「えーーーまた、するのですか? また、私の事を聞き込みされたら、完全に私が犯罪者だと思われます。」と言いました。


警察「ルールですから」


私「・・・・・・・・・・・・・・・」



私は近所で、「●●さんの事を警察がまた聞きに来たわよ」と言われ、とんでもない噂が立つのは絶対だと感じました。


もう、私は近所で犯罪者扱いされるでしょう。


これは、本当に厳しい。




次回、警察が家に来る + 警察の聞き込み






  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



五右衛門風呂(露天風呂)の建築・その16 :: 2013/05/24(Fri)
ついに、ブロック業者さんが来ました!
年配のお二人のチームです。

幅10センチの工業用ブロックで組んでいきます。
事前に、私が考えていた施工図面を手渡していました。

さすがプロの業者です。
早い。

ブロック施工だけは素人は手を出してはなりません。

2013052401.jpg

この度のブロックは、幅が38.5センチで、5ミリ小さいというアクシデントがありました。
業者は、目地を1.5センチで仕上げるという施工方法で行くと言うのです。

ブロック業者さんは、JIS規格の製造販売所から購入してきたと言っていたが、こんな事があるなんて信じられますか?

JIS認定が取れない安い工場から購入してきたのでしょうか?
付き合いもない、初めてのブロック業者なので得体が知れません。(ごめんなさい、失礼なことを言って)

2013052402.jpg

県南なら仕事で様々な付き合いがあるので、信頼できる業者を選べるのですが、県北は、業者の数も少なく、自分のホームグラウンドでないので、選択肢も限られます。

最後は、自分で全てやるのが納得行く方法なのですが、ブロック施工だけは仕方ありません。


次回、ブロック施工、完了!です。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



猟師になる方法・その5(倉敷国際射撃場) :: 2013/05/18(Sat)
5月某日、次の関門、倉敷国際射撃場で射撃教習です。

ついに散弾銃を実射する日です。
朝から、正直、緊張です。

13時からなので少し早めの12:30に到着し、受付で教習資格認定証(岡山県公安委員会)+猟銃用火薬類等譲受許可証(岡山県公安委員会)を提出し準備しました。

201305188.jpg

それでは、写真の説明からです。
場所は、倉敷市中心部から南に5キロの山中です。
倉敷市福田町で、比較的交通の便は良いです。

幹線道路に小さい看板が出ています。

201305181.jpg

その小さい看板から山中に入るのですが、道路は最悪で道幅2M~3M
アスファルト舗装はされていない、コンクリート舗装で凸凹
4WD車でないと進入は厳しく感じました。

私の愛車は軽トラの4WDなので、助かりましたが、勾配もきつく、写真以外の場所は驚くほどうっそうとした茂みに覆われている。
こんな所に、本当に射撃場があるのかと誰もが思うと感じる所でした。

倉敷国際射撃場は、今から40年前に出来たとの事です。

※ここから先は、私の汚い体をお見せする事になり、不愉快に思われる方がいると思いますので、退場される事をお勧めします。

201305186.jpg

オレンジ色のお皿が飛んでくるので、それを射撃するのです。
山の斜面には、皿が無数に割れています。

射撃台は一番前、真ん中、一番後ろとあり、私は一番後ろから撃ちました。
黄色のかごは、薬きょうを入れる箱です。

受付で36,000円(教本・実弾75発込み)を支払い済ませたら13時から、O先生(教習資格者)の教習が始まりました。

射撃教本でO先生が射撃についての心得や保持方法、点検方法、実包の扱い方、射撃姿勢などを教えて下さいました。

O先生以外にも所属する先生が複数名いるようですが、非常に丁寧に教えてくれるO先生で心の中で「助かった~」と本気で思いました。

みっちり講習を受けた後、ついに本物の散弾銃が私の前に!
弾も75発用意され、手に汗握りました。


射撃教習は、第1回・25発(訓練)開始


O先生の教えの元、最初に銃身の点検、点呼、銃の分解、組み立て。
そして、姿勢、銃の持ち方など、丁寧に教えて下さり、生まれて初めて「ドバーン」っと撃つ。
肩にくる衝撃は想像以上で、手の汗で先台(左手の握っている木の部分)がすべり落ちそうになりました。
当然、オレンジ色の皿は山に飛んで行き、勝手にパリーンと山肌で割れました。
5発撃つごとに、射撃台1、射撃台2、3,4,5と移動して25発撃ちました。

皿を撃つより、「撃つ」という行動に必死で、最終的に25枚中、たぶん5枚前後打ち落としたと思います。
射撃終了後、先生がどこが悪かったなど的確に指導して下さりました。


第2回・25発(訓練)

緊張もなくなり、次は皿を打ち落とす気持ち、余裕も出てきて、最終的に25枚中、たぶん8枚前後打ち落としたと思います。

本来なら床尾板(銃の一番後ろ部分・肩につける所)は、乳首の上の部分に密着しないといけないのに、少し余裕が出てきて、気持ちが緩み、腕の付け根(肩)の部分で射撃してしまいました。

これが最悪に痛く、トンカチで殴られた感じで、後でえらい目にあうのでした。


第3回・25発(試験)

先生が少し休憩を入れてくれて、2回目までの注意点のおさらいなど、私の悪い点など様々ご指摘頂き本番に向かいました。

この時点で、肩に胸が痛く、これはヤバイと感じつつ、とにかく意地でも最終試験をパスしないといけないと思い臨みました。

先生に25発中何発当てれば合格かなど聞けばよかったのですが、その余裕は私にはありませんでした。

最終的試験、銃身の点検、点呼、銃の分解、組み立て。

射撃試験、25枚中、14枚を撃ち落とし周りの方が「なかなか上手だね」とお褒めの言葉を頂き終了しました。

神経もくたくた、肩も痛く、本気で疲れましたが、教習修了証明書を無事頂きました。
これで、ゴールにだいぶん近づきました。

201305189.jpg

夕方、家に到着、すぐにお風呂へ
私の胸、肩が、、、、75発でこのありさまです。

翌日、痛みも増し、肌が紫色に変色していました。


散弾銃の衝撃、威力を体で感じ、本当に危険な道具だと再認識し気持ちを新たにしました。


次回は、散弾銃の購入です。




  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



マキタ・ホゾキリ5500S 、マキタ・丸ノコLS1510を購入 :: 2013/05/10(Fri)
マキタのホゾキリを購入しました。
いつものヤフーオークションです。

これで、五右衛門風呂の骨組みを刻んで行きます。

なんと、10,000円(送料別)でした。
定価で300,000円以上の品です。
ヤフーオークション最高です。

201305101.jpg

センターが狂っていたら、価値は0円ですが、全くブレのない大変な良品でした。
通常は30,000円~40,000円で落札されています。

それはさて置き、今までプレカット屋さんにお願いしていましたが、これからは自分で刻みを行ないます。
これがあれば楽勝です!

201305107.jpg

レバーを、ゆっくり下にジワ~ッと下ろすと写真の様に切れます。
非常に綺麗な仕上がります。

今までホゾを自分で作ることも沢山ありましたが、信じられない速さと正確さ!
何で早く買わなかったのか、後悔

もう、便利すぎる。
今まで、本当に苦労していたから、信じられない。

201305105.jpg

ホゾは最大で3寸(9センチ)まで作れます。
一般的なホゾは2寸(6センチ)ぐらいなので、1寸でも、5分でも、2寸5分でも何でも作れる。

201305103.jpg

幅は、最小で1寸(3センチ)です。
大きいのはいくらでも作れます。

しつこいようですが、これほど便利な機械はない!

201305102.jpg

写真を見てください。

この美しい仕上がり。

なんで早くマキタのホゾキリを購入しなかったのか悔やまれる。
この機械は、人間の10倍早い

多くの方が、自給自足、田舎暮らしを目指していると思います。

鶏小屋や露天風呂、自宅はもちろんのこと、作業小屋などを自力で建築しようと御考えの方は多いと思います。

その方に御伝えした。

じっくりと、ヤフーオークションで機械を買い揃えてください。

スタートする、勝負のその時に、武器を揃えるのです!


201305109.jpg

それから、マキタ・卓上丸ノコLS1510も少し前に購入しました。
これも、定価で100,000円以上の品です。
これを、10,500円(送料別)で購入しました。

いままでリョービの卓上マルノコを使用していましたが、リョービの場合、角度調整を0に合わせても完璧な垂直に切れなかった。
安いだけで、精度に問題がありました。

この度のマキタ・卓上丸ノコLS1510は、完璧な精度と、完璧な馬力
やはりマキタは商品は最高です。

卓上丸ノコLS1510は、「柱」の規格は、普通、サンゴ(3.5寸角の柱、10.5センチ角)、ヨンスン(4寸角の柱、12センチ角)が、通常の柱の規格です。

ようするに、1発で柱が切断できないと、小口(こぐち、切り口の事)がガタガタになるのです。
丸ノコで裏表から切った場合、プロの大工でないと、小口は揃いません。
だから、3.5寸角、4寸角の柱が1発で切れる、卓上丸ノコLS1510が必要なのです。


マキタの商品は非常に値段が高く、新品はなかなか購入できませんが、ヤフーオークションで掘り出し物を見つければ良品が購入できます。


田舎暮らし、自給自足を完結させる武器は道具です。

これから、田舎暮らしを始めようと計画の方、徐々に集めましょう!



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



五右衛門風呂(露天風呂)の建築・その15 :: 2013/05/08(Wed)
生コンを打設して1週間後に型枠をばらしました。
なかなか良い仕上がりに思います。

201305081.jpg

壁や釜廻りなどはブロックで仕上げるので、何個かのブロックで、高さや幅などイメージで積み重ねてブロック屋さんに施工をお願いします。

201305082.jpg

今月末頃の施工予定です。
今まで、素人の方がブロックを積んでいるのを見ましたが、相当難しそうです。
ブロック工事だけはプロにお願いしないと、えらい目に会いそうなので横着します。


夏にはお風呂に浸かれそうです。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



猟師になる方法・その4 :: 2013/05/03(Fri)
5月某日、倉敷警察署から電話がありました。

警察官「●●さん、倉敷警察署にお越し願えますか?」

管理者「はい、いつでも大丈夫です。」

警察官「それでは、明日の●●時に」


ついに、射撃教習資格(技能検定)を受ける認定を頂きました。
いろいろ手間が掛かりましたが、なんとかここまで辿り着きました。
過去の投稿で申し上げましたが、サラリーマンで取得するには相当の会社の理解が必要と思い、自営業で良かったと感じました。
まだまだ、道半ばですが、引き続き頑張ります。

20130503.jpg

射撃教習資格(技能検定)認定書を頂に倉敷警察署に行った時に、次の関門、猟銃用火薬類等譲受許可申請も同時に行ないました。

ようするに、銃の教習は受けても良いけど、弾は別だよとの意味です。


「銃」と「弾」の許可は別なので、全て別別申請なので、倍の手間が必要です。

弾は実包12番・300個(発)の申請も行いましたので、これで射撃教習の準備が整いました。


猟銃用火薬類等譲受許可申請には、申請費用2400円が必要でした。
これは、申請費用で、弾のお金ではありません。


続いて、倉敷国際射撃場に電話連絡を入れて、射撃教習の予約の電話を入れました。

許可証の内容を伝えて、数日後に教習日が電話で連絡が来るとの事です。


次回、ついに倉敷国際射撃場にて、ガクブルの射撃教習
(※正直、私のような者に散弾銃が打てるのでしょうか本当に不安です。)



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。