鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



読者の皆様、一年間ありがとうございました。 :: 2012/12/28(Fri)
読者の皆様、一年間ありがとうございました。
私の中身のないブログに1日100名の方々が読んで下さっている事に心より重ねて感謝申し上げます。

CIMG6744.jpg

来年は、農機具倉庫の建築、五右衛門風呂の建築、そば畑の育成を重要課題として、40歳までの自給自足の生活を完結させたいと考えています。

特に、そば畑の育成は、重要な課題として、アマゾンで中古書籍を買いまして、お正月にしっかりと勉強したいと考えています。

そして、新年2日から、県北の家で「初」の泊り込みを敢行し、ブログを更新できたらと計画しています。

トイレも風呂もないので、夜、ウ●コがしたくなったらどうしようか不安ですが、頑張ります!


それでは、今年最後の投稿ですが、読者の皆様に最高の新年を迎えられ、健康で過ごされる事を心より祈ります。


1年間、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:1



農機具倉庫の建築 :: 2012/12/23(Sun)
五右衛門風呂を造ろうと考えていましたが、あまりにも寒くて、コンクリートが凍みて、この時期の施工は良くないと判断しました。
読者の皆様から、「早く、五右衛門風呂を造れ」とのお叱りの声が聞こえてきそうですが、しばし御時間をお与えください。

セメントが打てない間に、農機具倉庫を建築します。

20121223.jpg

写真に見えますように、ユンボとかをブルーシートとかで覆っています。
これから本格的な雪になるので、倉庫を建築します。

今日は、杭を打って、糸を張り、束石の設置場所を決めました。

簡単に、3メートル×6メートルの建物を建てますの参考になれば幸いです。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



冬に栽培できる! にんにく、そら豆、小松菜 :: 2012/12/22(Sat)
県北は、雪に雨で今週は予定が会わなくて作業が出来なくて行けませんでした。
最近は、雪が激しくて作業に行けれないので心配です。

今日は、勉強の為に、倉敷の畑で、冬に栽培できる! にんにく、そら豆、小松菜の生育の話です。

20121222.jpg

県北の作業が忙しいので、栽培面積を大幅に少なくしています。
マルチは地温を上げ、にんにくの生育を促進させる為と、雑草対策です。

201212222.jpg

にんにくの種は、スーパーで購入した、中国産のにんにく種ですが、全く問題なしです。
順調に育っています。

201212223.jpg

そら豆に小松菜、これだけ寒いのに頑張って成長しています。
日本の四季は、様々な野菜を人間に与えてくれます。
本当に嬉しい限りです。

201212224.jpg

ビールにそら豆を食べる日が待ち遠しいです。
発芽率、100%で、播種が過密すぎました。

201212226.jpg

小松菜も元気に成長しています。
家でてんぷらをした後のサラダ油と、米ぬかの肥料が利いているのか、大きく成長しています。

県北の記事が書けないので、倉敷での野菜栽培日記でした。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



そば道場で蕎麦打ち+新見の田舎屋+怖いおばちゃん :: 2012/12/17(Mon)
今日は、来年4月から、蕎麦を生産する為に、先立って蕎麦打ちの勉強に、新見市まで来ました。
標高600メートルの山の上で、村の人々は蕎麦の生産をし、そして、来村者に蕎麦を食べさせ、蕎麦打ちの勉強までさせてくれる所に来ました。

70.jpg

そば道場の看板です。
最近、人に教わる事が全くなかったので緊張しますね。

72.jpg

建物はしっかりとした造りです。
駐車場も10台程度ありまして、すぐ近所にも、そば道場がありました。
まさに、そばの村って感じです。

73.jpg

そば粉、500グラム、水、からコネ鉢でスタートしたのですが、写真を撮る暇がなく、おばちゃん(先生)が、非常に厳しく、写真なんか撮影して、だらだらしていたら、すぐに指摘されます。(先生、本気で厳しい)
写真は、先生の手ですが、手際よくて、さすがです。

74.jpg

先生が教える手順と、私の手順が違うと、すぐに指摘されます。
子供の、遊びの道場ではありません。

75.jpg

一人でそば打ちを習いに来ている方や、家族で習いに来ている方、教室も綺麗で、広くて、30名程度がいっぺんに習える感じです。
私は、一心不乱に、習いました。おばちゃんが厳しいので。

76.jpg

私は、料理が好きなので、楽しくて面白かったです。
自分が打ったそばは、隣のお店で、100円~200円で、「ざる」か「かけ」の仕上げをしてくれます。
なので、真剣に仕上げました。
安くて、良心的な、道場です。

77.jpg

なかなかの仕上がりです。
初めてにしては、上出来では?

78.jpg

自分で言うのも何ですが、私は、切るのも上手です。

お隣の若者や、坊や達は、うどんぐらい太さで、、、、、心の中で、、フフフフフ(すみません)

71.jpg

と、言う事で、ざるそばの完成です。

約1時間半、本気でやりました!

費用は、一人・約1,000円(あれだけ教えてくれて、良心的な費用にもう一度来たいと思いました。)

来年は、自分の畑で収穫した蕎麦を、自分で挽き、自分で打ち、食べる


来年は、何とか、蕎麦畑を成功させ、そして、自給自足の足がかりとさたいと考えています。


※そば道場・田舎屋のホームページを御参照下さい。遊びで行っても楽しいです。
http://www.kusamadai.com/k/soba/soba_01.htm





  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



最悪です。水道管が凍結して来春まで水が出ません。 :: 2012/12/15(Sat)
ポリパイを接続しようと封印していたVUパイプを切ると、完全に凍結していました。
タケノコを手配するのが遅れてこの有様です。

60.jpg

水を常に出し続けていないと凍結するのは分かっていたのですが、倉敷の気候とを比べて、県北の気候を甘く考えていました。

全てのパイプの中身が凍結している事と思われます。

来春まで水が出ないです(涙)


寒い所で自給自足を御考えの読者の皆様、分かっているとは思いますが、水を出し続けていないと、即、凍結です。

いつ頃になるか分かりませんが、水が出たら再掲載します。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



今はなき、13ミリポリパイ1層・その2 :: 2012/12/13(Thu)
本日、ポリパイにタケノコを取り付ける作業を行ないました。
焚き木で熱湯を沸かし、堅くなったポリパイをやわらかくします。

51.jpg

やっぱり、本物の火はあたたかい。
芯まであたたまる。
あっと言う間に、沸きましたよ。

52.jpg

これだけ沸けば大丈夫です。

53.jpg

冷めない内にポリパイを入れます。
約3分程度で良い感じにやわらかくなりました。

54.jpg

そして、タケノコを入れて、バンドで締めて、VUパイプに繋いで、完了です!

非常に簡単に、VUパイプに接続でしました。
コストは600円程度です。

真鍮製のタケノコは、専門の管材屋さんに行かないと売られていませんのでご注意を。
プラステックのタケノコは、大きいHCには売られています。







  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



今はなき、13ミリポリパイ1層 :: 2012/12/11(Tue)
ブロック業者が先日の図面を元に、ステコン、砕石をプラスした見積を持ってきました。
195,000円でした。

ステコン厚は10センチ・ステコン幅は30センチ・砕石厚は5センチでの、総合計見積でした。

高すぎる、、、、、 話になりません。
一先ず、やめました。 作戦変更です。

20121211.jpg

話は変わるのですが、近所の方が、ポリパイの1層・13ミリを200メートルもくれました。
「使わないから、あげるよ」と言われ、即座に、戴きます!と言いました。(本当にありがたい)


が、ポリパイの1層って、もう、20年近く、使われて居ないとの事。(管材屋の話)

五右衛門風呂の給水パイプに使おうと準備していて、専門の管材屋さんに行くと、「もう、誰も、一層のポリパイなんて使っていないよ(笑)今は全て二層だよ」と言われ、接続するアイテムが何一つないのです。

200メートルのポリパイを、このまま使わないのはあまりにもったいないので、考えに考えて、探しに探して「タケノコ」(金色の真鍮の写真の物)を見つけました。

真鍮・先端18ミリ物は420円・プラスティックの物は68円でした。

太さが合わないので、この、13ミリのポリパイを熱湯の鍋に3分ほど先端を入れて、こんにゃくの様にぐにゃぐにゃにして、タケノコ(先端18ミリ)を差込、そして、100円ショップで買った、ホースバンドで締め上げるのです。

こうすれば、完璧に繋がり、通常の使用が出来るようになったのです。

たぶん、こんな、全国で、誰も困らない、案件を掲載しても、誰の参考にもならないと思うけど、誰かの、万が一の遭遇の参考にと思いました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



ブロック業者との打ち合わせ+吹雪で凍えそう :: 2012/12/06(Thu)
今日は、五右衛門風呂設置の為のブロック業者との打ち合わせです。
朝8時~夕方4時の間に来るとの話
雪で作業はできないし、寒くて凍えそうです。

201212061.jpg

岡山と言えども、県北の冬は厳しいです。
本格的な冬の到来で、作業がお休みに入りそうな感じがします。

201212062.jpg

昼から天気も良くなり、整地作業も順調に進み始めました。

そして、本題のブロック業者との打ち合わせですが、なんか、ろくでもない業者みたいな感じがします。

1、最近、非常に寒くて、川には氷、霜柱もありますが、セメントがしみてるように思いますが大丈夫ですか?と質問しました。 答え「大丈夫、大丈夫」  

2、鉄筋は、指し筋で行くと言うので、ステコン部分でL字にして欲しいと伝える。

3、砕石はどれぐらい必要か?と業者が聞くので、最低で5センチは欲しいです。と伝える。

4、ステコンは、何センチいるの?と聞いてくるので、最低で5センチ、出来れば8~10センチ欲しい。と伝える。

5、転圧は、ちゃんとしてくれるのか?と聞くと、「はいはい、ランマーでいいんでしょ」と答える。


普通の業者は、現場の状況やブロックの施工内容で上記内容を考えるのに、客に聞きますか? 客に言わせますか?

ダメだ、、、、、田舎で、業者の選択肢が、、、、少ない。 選べない


倉敷なら、いくらでも業者がいるから、選りすぐりの信頼できる業者にお願いするが、、、、田舎では厳しい

しかも、単価が高い

ブロック施工のみで、85,000円だそうです。

砕石、ステコン部分は別途見積との事


五右衛門風呂の建築を、来年の春にしようか迷っています。





  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



露天風呂の建築+大和重工の湯牧民 :: 2012/12/05(Wed)
着々と準備が進み、露天風呂+五右衛門風呂の図面が完成しました。

時間を掛けて、排水、利便性を重視した、そして、ブロックを切る部分が全くない施工図面ですので、もし、これから、大和重工の湯牧民を使用した露天風呂を造ろうと御考えの読者の方がいらっしゃったら、下記の図面を自由にお使い下さい。

脱衣所、洗い場も計算しています。
屋根、造作部分は、私が作ります。

img095.jpg
(画像が見難い場合は、クリックして下さい。)

工業用ブロック10センチ厚を使用します。
⑥とか⑤とか②の数字はブロックの高さです。

大きな丸は、遊牧民の釜の円です。

img097.jpg
(画像が見難い場合は、クリックして下さい。)

排水、ステコン、かぶりも書いています。
ステコンは最低で5センチは欲しいですが、施工される方の自由です。
本当は10センチは欲しいですね。

ステコンの下の砕石は最低で5センチです。

img096.jpg
(画像が見難い場合は、クリックして下さい。)

釜の高さとブロックの高さが同じになるので入りやすい設計です。
釜の下は、SK32(耐火レンガ)で十分です。

SKの番手は、32とか35とか色々ありますが、耐熱温度を示しています。

薪をいくら燃やしてもSK32の耐熱温度800~900度で十分です。


この度の、ブロック施工は、ブロック業者にお願いします。
本当は、自分で行なおうと考えましたが、横着しました。ごめんなさい。

明日、現場で業者と打ち合わせです。

続編は、後日、掲載します。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



家の前に蛇口が付きました!+ポリパイ・二層管・21900円! :: 2012/12/03(Mon)
念願の家の前に蛇口が付きました!

幼馴染の友人が水道屋を営んでいるのでお願いして、配管~埋設~取り付けを手伝って頂きました。

アマゾンで、ポリパイの25ミリ・90M・二層管21900円を購入して、配管しました。

※アマゾンってどこよりも安い。近所の業者専門の管材屋なんかに色々聞いたけど、アマゾンが格段に安かったです。

ポリパイを買うなら、絶対にアマゾンが良いですよ。
正式名称は、ポリパイプJIS 2層管 25×90M ←検索にどうぞ

201212031.jpg

家の周りは、家の基礎を造る時に先行配管していたので、ジョイントするだけだったので簡単に済みました。
それと、一つ注意で90メートルの25ミリポリパイは巨大で、真っ直ぐ解くのに、一人では絶対に無理、一人でほどくと分解したぜんまい状態になって大変な事になる感じでしたが、プロがいたので、簡単に伸ばしました。

この度の工事の全てを写真を撮りたかったのですが、した手間で動き回っていたので、それど頃ではなく、最後に1枚撮影しただけです。記録が少なくてすみません。

仕上げは、バルブを付けて、分岐して、五右衛門風呂行きに、25ミリを一本とりました。

これで、だいたいの五右衛門風呂の準備は完了!

次は、五右衛門風呂の基礎工事に入ります。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



五右衛門風呂に谷水を引く! :: 2012/12/01(Sat)
五右衛門風呂の建設の前に水を引かなくてはなりません。

この土地には、東、南、西に水路があり、全てに「水利権」があるので、ちゃんとした対応が必要です。
勝手に、盗水していたら、村八分にされて生活が出来なくなります。

20121201-2.jpg


私が作業をしていると、この一年間の間に、物珍しさもあり、近所の方々が見物に来られる度に、様々な事情を聞き、水の利用内容や、利用させて頂く為の必要な条件などのお話をしました。

東、西は農業用水に使用されている為、使うなら、水番(水門を開けたり、水路を年間数回掃除したり、費用負担)が必要との事。
私が農業を始めたら、参加させて頂く予定です。

20121201-1.jpg

それから、南の水路は、飲用水で村の方々は、昔、全ての御家庭で使用されていたとの事。
数十年前に町水(行政の水)が全ての家庭に施設されて、現在は、村の公民館と、一家だけ使用されているとの事でした。
こんなに、綺麗で、美味しい水を、わざわざ使用せず、カルキや塩素入りの水を飲むなんて、、、(複雑な心境です)

20121201-3.jpg

ちょっと薀蓄が多くなりましたが、写真の説明をします。
1枚目、2枚目は、公民館と最後の利用者のお宅のパイプラインです。

25ミリのポリパイで引いているようすです。

そして、この写真ですが、おのおの各家庭で引いていた方々が、パイプを埋設していた残骸です。
パイプは朽ちて、谷に、捨てて、放置された、塩化ビニールパイプに、ポリパイの残骸が多く放置されています。

無残、、、そして、谷を守る、水を守る、環境を守るなどの意識は全くない感じです。
(残骸は、私が入山する度に、回収して、廃棄しています。)

20121201-4.jpg

最後の利用者の方の、取水枡です。

最後の権利者の、この方にお願いして、私もこのパイプラインを使わせてくださいとお願いしました。

「お金も支払いますし、谷川の清掃も、タンク清掃も全部します」と懇願しましたが、数日後、「自分で水を引きなさい」と言われ、私は南側の飲用水路の水を使わせて頂ける了解を得たのでした。


読者の方々で自給自足を目指し、どこかの土地を取得しようと御考えの方
沢や川があるから、水が自由に使えるなど絶対に考えないで下さい。
不動産業者の上手な言葉に惑わされる事無く、村の方に聞くのが確実です。

そして、水の使用量や、誰がどれだけ、どこで使うかなどで、昔は殺し合いも全国各地でありました。

命の水は争いの種でもありました。

だから、慎重に用地選びをしてください。


実践経験なので読者の方々の少しは参考になれば幸いです。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。