鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



煙突穴の施工+ガルバリウム鋼板で化粧板を自作する。 :: 2011/12/24(Sat)
壁面の煙突穴を作ります。

煙突の穴は鉄板で作るのですが、ガルバリウム鋼板やトタン板など様々ありますが、錆や腐食に強い、ガルバリウム鋼板を選択しました。

ホームセンタージュンテンドーに畳2畳分(900×1800=2枚)で1600円で売られていました。
(トタン板だと1400円程度でしたが、ここはケチってはダメです。ガルバが絶対にオススメです。)

最小ロットが畳2畳分なので仕方ありませんが購入です。

CIMG6384.jpg

たくさん必要ないのですが、他の用途にも使います。

一先ず45cm角にカットしました。
トタンカット用のはさみが必要です。

通常のはさみでは、少し厳しい。 裁ちばさみのごついのなら大丈夫です。

CIMG6382.jpg

穴は、12センチなので、写真に掲載の道具でカットします。
これがあれば上手にバッチリ穴が開きます。

CIMG6389.jpg

そして、3ミリ程度小さめに穴を開けるのがコツです。
写真のような感じで、煙突のオスの方がキッチと入る程度にするのが良いです。

CIMG6413.jpg

そして、頭の丸いトンカチを用意します。

CIMG6404.jpg

穴の周りを舐めるようにたたいて、ひだを作ります。
(ひだは設置前に固定できる、下地が丸い所で叩いて下さい。)

頭の丸いトンカチでゆっくりじわじわ叩いて、回しながら行くと、丸くベロ~ンと伸びで写真の様になります。

CIMG6405.jpg

写真の様に2枚作り、外と、中の両方に設置します。

CIMG6408.jpg

高温耐久コーキングで穴の周りを埋めるのも一つの方法ですが、このままにします。

煙突と鉄板の間に少し隙間が開いていますが放置します。
隙間から熱気と空気が逃げると想定しています。
外壁と、内壁の間が、煙突の熱さで、低温炭化を防ぐ為でもあります。

後は化粧リングがあるのでそれを付けます。
300円程度で売られています。(購入後写真を掲載します。)

CIMG6407.jpg

水平機で確認して真っ直ぐ設置します。

CIMG6397.jpg

こんな感じで完成です。

一つ注意ですが、煙突の接合部分が下に向いていますが、これは、絶対にダメです。
外気温と、煙突内の温度差で黒いタールもれてくる場合がございます。
絶対に、煙突の接合部分は、真上、もしくは横に向けて下さい。

CIMG6417.jpg

以上、こんな感じで70%完成です。

薪ストーブを設置したら再度掲載します。


スポンサーサイト
  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



めがね石の作り方+耐火モルタル :: 2011/12/19(Mon)
めがね石の作り方(自作なので責任持てませんのでご注意下さい。)

家の中から、家の外に煙突を出すのに使用するメガネ石を作ります。

まず。耐火モルタルを購入してきます。

※注※:耐火モルタルには、熱硬性のモルタルと、気硬性のモルタルがあるので必ず店員さんに聞いて購入して下さい。 読んで字の如く、熱硬性のモルタルは、焼きを入れたら硬くなる。気硬性のモルタルは空気に触れて硬くなると言う事です。熱硬性のモルタルと知らずに100日待っても固まらないなんて話もあるかも???


CIMG6364.jpg

相当の専門店でないと売られていません。
もしくは、スーパーホームセンター行くしかないと思うほど売られていない。

それか、ネットで購入する事をオススメします。

CIMG6362.jpg

この耐火モルタルが厄介なで、砂を混ぜずに、そのまま練って使用するのが本当ですが、粘っこくて、練れないのです。

も~~~~とにかく、お餅をこねるほど、こしと、弾力と粘りがあるのです。
本当に、ねばっこくて、練れない。


ここで、左官さんに教えてもらったのが、砂を少し混ぜるのです。

※本当は、耐火モルタル100%で練るのですが、砂を20%~30%混ぜれば良いとの事です。

ほとんど、耐火能力は変わらないとの事です。(真実は分かりません。)


CIMG6366.jpg

そして壁厚と同じ厚みで型枠を製作。

鉄筋は、その辺の廃材でOK
ない人は、ホームセンターで購入して下さい。

CIMG6370.jpg

サイコロ(鉄筋を上に上げて一緒に生める物)は置けないので鉄筋が沈むので、周りに釘を打ち、鉄筋を宙ぶらりんの状態にする。

完成後、ニッパーで切り、完成となる。

CIMG6375.jpg

真ん中の煙突の穴は、その辺のあまり物で製作、私は柔らかい使わないクッションマットの裏面を丸にして、中に新聞、エアークッションを入れて、丸を製作。

後は、動かないように上から板で抑える。


CIMG6376.jpg

表面は、コテで押さえて完成となる。

素人なので表面は綺麗に仕上がらないが、ここまでできればOKでしょう!

時間がある方は、30分ごとに表面を押さえて、ツルツルに仕上げることが出来ます。(冬と夏でねぶり時間が変わりますので注意です。)
「のろ」と言うきめの細かい物が上に出ているので、水分がじょじょに抜けるのでコテでゆっくりねぶり、仕上げていくのも綺麗に仕上がります。

私の場合は、表面にステンレス板を張るので表面は適当に仕上げて終わりです。


参考になればうれしいいです。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



フクビ・スーパーエアテックスKD30を施工 :: 2011/12/14(Wed)
やっとここまで出来ました。(汗)
仕事の都合で、週1日程度しか作業できませんが、何とか出来ています。

CIMG6327.jpg

フクビ・スーパーエアテックスKD30を施工しました!

スーパーエアテックスとは、下記メーカ説明を参考にしてください。

メーカー商品説明:結露を防ぎ建物の寿命をのばす透湿防水シートです。
壁体内に流れ込んだ空気中の水蒸気は、壁体内と屋外との温度差によって結露します。
壁体内に結露が生じると、断熱材の機能を低下させ、構造材を濡らして腐朽の原因となります。
フクビのスーパーエアテックスは、外部からの水分を抑える防水性と、内部からの湿気を通す透湿性を兼ね備えた、まさしく呼吸する新素材。

CIMG6315.jpg

長さ50m×幅1mで3,500円程度で購入しました。
1箱2本入りなので、私の小さな家では40m程度しか使いませんでした。

張る方法は、タッカーと言う、ホッチキスの化け物みたいなデカイのが売られていますので、それで張ります。
ちなみに、タッカーは100円ショップにも売られています。
すぐに壊れると思いますが、、、、、、

CIMG6322.jpg

スーパーエアテックスは、少ない予算で、最大の効果を生む、絶対に使いたい最良の建材です。
外壁はまだですが、これだけで室内は少しあたたかかった。
これで外壁を張れば、大きい工事は大体終了です。

細かな造作はまだまだ続きます。

CIMG6304.jpg

家らしくなって来ました。
素人でもやれば出来る感じです。

小学生の頃は、大工になるのが夢でしたが、現実になった感じです。(笑)


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



真っ黒になった薪ストーブの耐熱ガラスを綺麗にする方法 :: 2011/12/06(Tue)
12月に入り寒くなりました。
作業前には薪ストーブに火を入れて作業をスタートします。
休憩時間には熱いコーヒーを入れる為、沢水を汲んでやかんを置いておきます。
すると、あっという間カンカンに沸いています。助かる相棒です。

真っ黒になった薪ストーブの耐熱ガラスを綺麗にする方法を書きます。

CIMG6271.jpg
1、灰を薪ストーブから出す。

CIMG6278.jpg
2、コップに適当に灰を入れて、お湯をコップに注ぐ。※しっかりと混ぜる事

CIMG6275.jpg
3、灰の汁を雑巾にたっぷりと湿らして黒い部分をこする。※汚れた部分も全体的に少し湿らしておくと良い。

CIMG6284.jpg
4、3分でここまで綺麗になりました。

CIMG6286.jpg
5、完了!


自然はすごいものです。全て循環で回るのですから。
灰は、頭を洗ったり、体を洗う為、超貴重なので全て取って置きます。
当然ですが、下流の魚の為に、環境の為に、石鹸や歯磨き粉、化学合成された物は私の敷地では絶対に使用しません。
自分なりのポリシーです。生意気を書きました。失礼しました。



  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



トステムのサッシを取り付けました! :: 2011/12/05(Mon)
トステムのサッシを地元の業者さんに注文しました。
総額で13万円(配達料・税込み)

CIMG6145.jpg
家らしくなってきましたよ。
上記写真が、南側入り口

CIMG6149.jpg

北側以外、全部取り付けました。
上記写真が東側

CIMG6148.jpg
上記写真は、西側は掃き出し窓

色は、ブラウンにしました。
屋根と同じ色です。
なかなか言い感じでしょ!

CIMG6220.jpg

最初の取り付け(5穴)失敗しました。

サッシは、2ミリ程度傾くと、鍵、網戸がパッチと閉まりません。
くぎ抜きで留めた釘を抜くと、アルミの外枠がボロボロです。

とにかく、ちゃんとシタ穴あけて、全ての水平を見て、全ての面が完全にバッチリ水平・直角に取り付けないと、うまく閉まらない。(非常にシビアです。)

その他のサッシは、何度も何度も、水平を見て取り付けました。
とにかく手間が掛かった(汗)

CIMG6162.jpg

他の工事では、全て大工任せで簡単に付けてるよ~!と見ていたが、簡単ではなかった。
とにかく、留める釘を打つ前に、ドリルでシタ穴を必ず開けた方が良いと感じた。

プロならいざ知らず、素人が、鉛筆でマークしても、必ずちょっとズレル。

もう一点、プレカットで、カットする時、サッシ枠も全部、同一寸法で1ミリ単位で発注すればよかった。
サッシ寸法を後回しにして、カットを先決させたのが間違いだった。

サッシの取り付け寸法と、プレカットは、ミリ単位で行う事が勉強となった。
読者の皆様も、ご注意下さい。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



養殖池を掘りました。 :: 2011/12/02(Fri)
養殖池をついに掘りましたよ!

沢水を引き込んで、地元の魚を養殖する予定です。
早めに掘って、きめの細かい土が池の底に溜まるまで待たないといけない。
当面は水がダダ漏れなので、溜まるまで相当の時間が必要でしょう。

CIMG6264.jpg

水が溜まったら改めて写真をUPします。

檜の根っこですが、でかくて、抜くのに苦労しました。(汗)

CIMG6200.jpg

この根っこも乾燥させて、焚き物にします。
全て資源です。

ユンボを返さないといけない時期になったので、これからは人力での作業です。
池も返却前に掘りました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。