鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



太陽光で温水・その4 :: 2015/08/10(Mon)
本日は、掲載するほどの内容ではございませんが、一日で30拍手を頂き、好評でしたので、太陽光で温水シリーズ・その4を掲載します。

調子に乗って書かせていただきます。ε=ε=ε=ヾ(´∀`*)ノ

2015081001 (2)

適当につないでいた給水パイプをきれいにタンクにつなぎ合わせました。

2015081001 (4)

それから、檜でスノコをつくりました。

これで、洗体が尚、快適に行えます。

2015081001 (7)

そして、夏休みに子供たちが遊びに来るので水槽をデッキブラシで掃除。

水を溜めてプールにする予定です。

2015081001 (5)

今日も水温23度

けっこう温かいです。

2015081001 (6)

そして排水口を掃除

隙間に溜まったゴミや砂を掻き出します。

2015081001 (3)

朝から掃除しているので、アブの野郎が汗臭い俺の周りにドンドン寄ってきます。
※私は、いつもは清潔にしているので、汗臭くありませんので悪しからず。(笑)

100円ショップで購入しているハエ叩きで、叩き落とします。

案外、アブはノロイので、すぐに撃墜
数年前は、アブにいいようにやられていましたが、今は、即、やっつけています。

2015081001 (9)

話は、ここで飛びまして、コーナンで100のパイプのふたを購入。
これを、少し加工します。

2015081001 (1)

ものすごい水圧が掛かり、抜けなくなる恐れがあるので、梃子で抜けるように柄を付けました。

裏にも補強を入れて、梃子で抜く時、「バキ」っと行かないように完成度の高いものにしています。

2015081001 (8)

水槽の清掃も終わり、普段は洗体に利用して、夏休みは子供たちのプールに利用します。

来年ぐらいには、本命の養殖用のプールとして利用します。


スポンサーサイト
  1. 太陽光で温水をつくる
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



太陽光で温水・その3 :: 2015/08/05(Wed)
一度終了した太陽光で温水シリーズが、拍手の数が好評でしたので、調子に乗って「その3」をUPします。

この度も、中年オヤジの裸体が出ますが、「その2」で気分を害された方は、この先に進まないでください。

2015080501 (2)

朝、建物西面の焼き板張りが完了したので、太陽が昇りだすこのタイミングでスイコーの300Lタンクに注水して満水に!
水道代0円で、このきれいな水が贅沢に使えるのが本当に幸せと感じます。

読者の皆様も楽園をお探しだと思います。
その時に考えるのは、第一に水です。第二も水です。
その場合、必ず谷になると思うので日当たりは少し我慢が必要かもしれません。

2015080501 (3)

針金で温度計を垂らします。

だいたい、23度ぐらいです。

2015080501 (4)

カクダイの25バルブの中央部分にひびが入り漏水していたので、交換しました。
2500円が無駄に、、、、

と、いうことで紫外線や太陽熱を遮り、冬場の凍結のために、ボロ布まくいます。

見た目は悪いけど、このひと手間でバルブは守れます。

2015080501 (5)

途中の作業は割愛しまして、午後2時

水温を確認。 「36度」・・・・・・・・・・完璧です。

太陽光で温水シリーズ、こんなにうまくいっていいのでしょうか?(笑)

2015080501 (1)

「安心してください。 はいてませんよ。」(笑)・・・・・・・・年配の読者の方には意味が分からないかも?!


バカな冗談は置いときまして
36度、、、、なんか、熱いくらいです。

本当にきもっちいい~~

スイコーの300L黒タンク、アマゾンで3年前だったかな、、、、、たしか送料込みで1万円ちょっとで購入しました。
(※スイコーのタンクについては、右側にリンクがございます。ご利用ください。)

これほど黒タンクが水に熱を吸収できるとはすごいと感じました。

しかも軽いから、シーズンが終われば簡単に仕舞えます。

是非、読者の皆様、同じ方法で試してください。
これは、グッドアイデアですよ。(※自画自賛ですみません。)


自然に感謝して、この日の作業は終了しました。


  1. 太陽光で温水をつくる
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



太陽光で温水・その2 :: 2015/07/28(Tue)
いままでは、右側に見えますパイプから沢水を出してシャワーとして使っていました。
ダイレクトに沢水を浴びていたので冷たかったんです。

2015072601 (10)

このパイプを写真に見えますタンクにつなげます。

2015072601 (30)

夏場だけの臨時的処置なので、ボンドでパイプを止めたりしません。
水圧を掛けなければ外れる事はありませんので。

タンクを満水にすれば、このまま放置
この黒タンク!!!、水を入れないで炎天下で放置して、この時期に直接触ると火傷するぐらい熱くなるのです。

なので、私はこの作戦を思いついたのです。

2015072601 (22)

あとは、昼ご飯を食べたり、草刈りをしたり、他の事をしながら待つ、、、、、
するとタンク内の沢水が勝手に上昇すると思うんです。

ところで「サークルK」が、おにぎり100円セールしてたので、いつもは「7」のおにぎりですが浮気しました。  

2015072601 (23)

めんたいと鮭を購入しましたが、どれもまずい。
よく知りませんが「でりか菜」、、、たぶん岡山の地場業者

7みたいに、わらべや日洋と言う上場企業に出資して、米飯を専門的に研究して売り出す。

なんで、7一人勝ちになるか、他のコンビニはわからないのかな~~??

それにしても、圧倒的に味に差があるな~


■話を本題に戻しまして
※ここから先、皆様が不快に感じる中年オヤジの裸体画像が出てきますので、退場をおすすめします。
※管理者は、自分の不細工な体をお見せする趣味はございませんが、ブログ構成上不可欠と判断しています。
























2015072601 (29)

タンクを満水にして2時間程度でしょうか?
ちょっと時間が足りないと思いましたが、、、、、冷たくはないけど、、、だいぶんぬるい感じです。(※表現が難しいです。)

この度は、取水口の掃除
タンクの設置、パイプ接続など、いろいろしないといけない事があったので加温が足りませんでしたが、次回は、時間と水温を計って厳密に披露出来たらと考えています。


一先ず、太陽光で温水・おわり


  1. 太陽光で温水をつくる
  2. | trackback:0
  3. | コメント:4



太陽光で温水・その1 :: 2015/07/26(Sun)
「毎日、でーれーあちーなー」と、岡山弁では言います。

本当に、この暑さには参ります。
雑草だけは元気に茫々伸びています。(※コメントを拝借しました。)

2015072601 (8)

作業が終われば、沢水でシャワーをして帰宅しますが、冷たくて仕方ないので太陽光で温水をつくりたいと考えました。
以前、貯水タンクを300→500に交換したので、残った300タンクを再利用します。

2015072601 (13)

その前に、沢の取水が細ってきたので清掃に行きます。

今日もきれいな水を山の神から頂ける事に感謝します。

2015072601 (14)

メッシュをきれいに洗いまして再装着。

2015072601 (19)

村の方から頂いた取水口もきれいに清掃。

そして、ここからが本番!
途中、パイプ内にエアーが噛んでいるので、上記写真の左側パイプを取水口に付けて、おもいっきり「プ~~~」って吹きます。

すると、取水口から「プクプク」・・・・・・・・  「プクプク」っと泡が、、、、

3回ほど繰り返せば、取水口から勢いよく水を吸い込んで行きます。

これで、水はOK!


「続く」


  1. 太陽光で温水をつくる
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。