鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



自分で檜風呂を作る(最終回)・その5 :: 2013/08/01(Thu)
ついに自作の檜風呂が出来ました!
釘などは一本も使用していません。

201308013.jpg

小節は2箇所程度ありますが、ほとんど無地材ばかりの完璧な出来です。

が、、、、しかし、、填まらないのです。

201308012.jpg

写真に見えます1ミリの隙間が、どうしても沈みません。

材木など様々な重石で500キロ程度の加重を3日程度掛けても、、、、カケヤで叩き込んでもダメ、、、

201308011.jpg

側面の板をくさびの様にしたのが、ここに来て最後の押し込みで入らない。

溝を40ミリにして、板を40ミリで仕上げればよかったと後悔です。

水分を含んで、膨張して、漏水は無いだろうと予想していましたが、くさび式にして、もっと完璧を求めた結果、最後が入らない。


※話はぶっ飛び。そこで、下記、鉄工所に来ました。

201308015.jpg

ここは、過去にも色々と無理を言っている玉島の鉄工所です。

電話して「ちょっとお願いがあるんですけど、あの巨大プレスで、檜風呂を締め込んで欲しいのです~~~」なんてお願いすると。

鉄工所「いいよ、いつでも持ってきて!」

いつもやさしく、ありがたい存在です。

201308017.jpg

300トンプレスで、「あ」と言う間に、、、、入った!!!


300トン、、、すごい

指なんか詰めたら「プチ」って感じだな~なんて思いながら凝視する。


裏、表、側面、四方からプレスして、30分で終了!


管理者「おいくら払えばよろしいでしょうか?」

Sさん「3000円、もらってもいい?」

管理者「ありがとうございます」



安すぎます。

本当に感謝です。



以上で、自分で檜風呂を作る「終」です。


次回は、本編の露天風呂で御目見得します。


ありがとうございました。






スポンサーサイト
  1. 檜風呂を作る
  2. | trackback:0
  3. | コメント:3



自分で檜風呂を作る(鉋・毛引)・その4 :: 2013/07/15(Mon)
檜風呂製作も大詰めを迎え、一番肝心な組み立てを梅雨の間に進めました。

少し時間が掛かりましたが、水漏れすればコーキングで埋めると言う最悪の仕上がりを避ける為、正確に確実に組み立てます。

201307151.jpg

底板部分を仮組みして狂いが無いか確認します。

201307152.jpg

本ざね加工した底板を溝に叩き込みます。

201307154.jpg

当て木をし一枚一枚丁寧に叩き込み、隙間が無いか厳重に確認。

201307155.jpg

杭のように、先端を1ミリ程度削り、木槌で叩き込めばなかなか抜けないようにします。
完成してお湯をはれば、木が膨張し漏水はなおしないと考えています。

201307159.jpg

一枚一枚、毛引きで線を引き、鉋で丁寧に削ります。
毛引きを上手に使えば、素人でも正確に寸法を出せます。

以前、写真に出ている鉋も毛引きもヤフオクで購入しました。
1,000円程度だったと記憶しています。
プロの大工が使用したであろう?品を狙い落札しています。

刃に「銘」が入っている物を購入すれば、だいたい良品が購入できています。

201307157.jpg

0.1ミリの隙間もありません。が、問題は、骨の接合部分です。

201307158.jpg

底板が完成し、側面を仕上げれば完成となります。



次回・自分で檜風呂を作る!完成となります。

  1. 檜風呂を作る
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



自分で檜風呂を作る(日立工機・角のみ・BS30)・その3 :: 2013/06/29(Sat)
梅雨なので外で作業の出来ない空いた時間で、なんとか骨組まで完成しました。
自分で檜風呂を作る・その2で申しましたが、マキタ・ホゾキリ・3800Nの実力を見せ付けた仕上がりです。

201306294.jpg

もし、私が手作業で作ったら、20時間は要したと思います。
マキタ・ホゾキリ・3800Nの御蔭で、大体、2時間程度の作業で完成です。
(※溝堀・墨だし作業は別)

201306291.jpg

墨を確実に打てば、あとは、ラインに合わせてスパスパ切るだけです。
先日も申し上げましたが、これほど正確で、便利な機械はないです。

201306296.jpg

長手側も完成です。
小さい穴は、私が蚤で彫りました。
大きな穴は、日立工機・BS30で彫りました。

2013062910.jpg

日立工機・BS30は、ヤフオクで2年前に3万円で購入。
ミゾキリ同様、角のみが3本付属していた物を選びました。

角のみは非常に高価なので数本付属品付が狙い目でもありました。

凸・マキタ・ホゾキリ・3800N

凹・日立工機・BS30

この、二台があれば、檜風呂でも、家でも、バッチリ作れます。
この度は、マキタ・ホゾキリ機が新たに加わったので、作業がほんとに早かった。
そして、檜風呂のように正確な仕上がりが求められる作業には、私のような素人は本当に助けられた。

まだ、完成していませんが、これで漏水さえしなければ!と願っています。



次回・檜風呂の組み立て!


  1. 檜風呂を作る
  2. | trackback:0
  3. | コメント:3



自分で檜風呂を作る(マキタ・ミゾキリ・3800N)・その2 :: 2013/06/20(Thu)
檜風呂を作る・その1では、側面に入れる本ざね加工した檜の無地材を加工場に!までを投稿しました。

次は檜風呂の骨になる部分を加工します。

当然、骨になる部分は檜の無地材で作ります。

サイズは、3.5寸(105ミリ)なので、加工する時に計算しやすくする為に、100ミリ角まで落として製作します。

201306201.jpg

小さな溝は、蚤で加工します。
機械では出来ないので、慎重に行ないます。
(※写真の溝の深さは10ミリ・小さい溝も10ミリ)
(※一番大きな穴は深さ30ミリ~33ミリ、穴の大きさは38ミリ角)


少しでも狂えば、漏水するので慎重に行ないます。

201306202.jpg

写真に見えます溝は、マキタの溝きり機を利用しました。
これもまた、以前、ヤフーオークションで購入した品です。

側面の板は、(※40ミリ幅なので、溝は38ミリ)で仕上げます。
マキタの溝きりがあれば、どんな溝でも簡単に加工できます。

201306203.jpg

1983年の品で、今から30年前のマキタの溝きりですが、バリバリ使えます。
たしか、5,000円程度で落札しました。

本当にマキタの機械は古くても精度に狂いは無く、本当に素晴らしい。
壊れないし、馬力もある。
マキタは、トヨタに匹敵する程、信頼できるといつも思います。

201306204.jpg

私が落札した時、刃が3枚付いていました。

この、溝きりの刃が、非常に高価です。

3枚付いていたので、刃だけで1万円以上します。

特殊な刃なので、ヤフオクで狙う時、付属の刃を良く見て購入すれば良いと思います。


201306205.jpg

こんな感じで、私のような素人でも、綺麗な溝が、スパ~ンと掘れるのです。

この溝に、本ざね加工した、板が入ります。


  1. 檜風呂を作る
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



自分で檜風呂を作る・その1 :: 2013/06/06(Thu)
梅雨に入るので、暇になる事を見越して、屋根の下でも作業が出来る檜風呂の製作の段取をしていました。
(※予定が狂いました。梅雨なのに全く雨が降りません。異常な感じです。)

露天風呂の建築は、ブロック工事に入っていたので、その間に檜風呂を作ります。

檜は材木屋さんかインターネットで仕入れる事が可能なのですが、檜風呂に使う檜は、無地材(節や入り皮が全くない物)、または、上小節(小さい節や小さい入り皮、ごく僅かな欠点があるもの)までの檜ではなくてはならないと思います。

ホンダ1

幅は4寸幅、もしくは5寸、6寸幅まであれば最高と思います。

無地材の場合、幅があればあるほど、数段、値段が高くなります。

ですので、私は4寸幅・長さ3M、厚み寸五(45ミリ)の材を購入して、岡山市の木材加工場に持ち込みました。

201306061.jpg

持ち込みして、何でも加工してくれるので本当に助かります。
上記の材を持ち込みまして、綺麗に削って下さり。

仕上がり寸法が、幅115ミリ・長さ3メートル・厚み40ミリで完成しました。
加工料は、1本・350円です。

工場長の対応も、スタッフの対応も丁寧で迅速、岡山の読者の方が居て、利用される場合、ご紹介しますよ!


出来るだけ、「厚み」と「幅」を残したかったので、工場の人に、「出来すんでお願いします!」と伝えます。

この言葉は、出来上がる最大の寸法でお願いします。との意味です。
もし、読者の方で、加工場に持込する時には、「出来すんで宜しく!!!」と言えば完璧です。

20130604.jpg

檜風呂に使う檜は、四方無地(全ての面に節や入り皮が無い)が理想です。

節があれば、抜けたり、見栄えがよくなく、隙間にカビが生えそうな感じがします。

あと、ネットで買う時の注意点ですが、節には、「生き節」と「死に節」があります。
生き節の場合は、堅くがっちりはまっているけど、死に節の場合はボロボロのスカスカなんで注意が必要です。

死に節の場合は、当然、檜風呂には使えません。

201306063.jpg

それから、凸凹の加工方法ですが、写真の加工方法は、「ほんざね加工」です。

「あいじゃくり加工」や、その他、多くの加工方法があるので、加工場に出すのなら、「ほんざね加工」で注文すれば良いと思います。

今の状態でも、つなぎ合わせれば、がっちり、ビチット嵌りますが、これで水分を含むと、完全に抜けなくなるでしょう。


もう一つ、注意点ですが、材木を買うとき、絶対に「乾燥材」を買わないとダメです。

悪い材木店などは、半生や生木を平気で売る業者も居ます。
材木を乾燥させるには、時間と場所が必要です。
乾燥室で乾燥させる方法や、自然乾燥や、様々な乾燥方法がありますが、必ず、材木を買うときに、そのところだけご注意下さい。

(※私は、檜風呂など、生まれて一度も作った事がありません。上記、内容は私見で申し上げていますので、参考の対象にはなりません。完成後、お湯が漏れる可能性が高く、読者の方が読まれて上手に出来たと思われた、その
時のみ、ご参考下さい。お願いします。)




次回・檜風呂の組み上げる




  1. 檜風呂を作る
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。