鶏と山羊と犬

月・水・金の週3回更新します。






散弾銃のメンテナンス :: 2017/01/18(Wed)
鴨猟は弾をいかに手際よく撃てるかが勝負ではないかと思います。

20170111 (2)

機関部にグルスをしっかり塗り、滑らかに動くように常にすることが大切と思います。
弾のカスなども付着するので、それらも綿棒できれいに取り除きます。

20170111 (3)

グリスは一番最高級な物を使用するのが良いかと思います。

イチロー選手のように道具を大切に使う事が、優秀な猟果を残せるのではないでしょうか。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



鴨猟と山中に人 :: 2017/01/16(Mon)
本日は午後から時間が出来たので一人で鴨猟です。

最初の池ですが、カルガモが2羽見えます。
幸先良いです。
倒木の奥にも潜んでいる可能性大です。

20170111 (14)

本日は単独猟なので土手の正面に陣取り、私の気配に気が付いて飛んでも構いません。

さてさて、じっくり攻めようかなと考えていると、女性の声が聞こえます。
二人で山道をウオーキングしている様子、、、、、、

「ドッキ」ってします。

すると、犬を連れたオジサンがその後通るのです。
こんな事は滅多にありません。

法令を遵守しているので全く問題ないのですが、銃声で驚かせてもいけないし、警察に通報されても面倒なので、この場は見送りました。

20170111 (11)

2,3か所回ると、またカルガモが、、、、、、、

それが、その池の横を太ったおばさんが砂利の山道を歩いているのです。

もー、気持ちが萎えました。
そのおばさんは、私を「じーーーっ」と見るし

管理者は、「なんでこんな山奥で一人であるきょんじゃろ 気持ちわりーな~」って相手を見るし

とうぜん、カルガモが居た池は、また見送りました。

今日は、ありえないほど山に人が居ます。
信じられません。

20170111 (1)

最後の池に行くと鴨は付いていません。
「あ~あ~ 今日はダメじゃ~ ついていない」 なんて考えていました。


池を通り過ぎると、軽四に男女若いカップルが、、、、、

助手席の女性の上に男が、、、、、オイオイ 昼の2時ですよ
せめて、後部座席でしろよ、、、、、、

管理者は、ゆっくり進みながら「ジーット」見る・・・・・
男も、「じーーっと」見てきます。

若いからホテルに行くお金がないのでしょうか?
どこかの駐車場では見られるし、山奥しかないとの選択だったのでしょうか?


猟は全て経験です。
人が居れば絶対に見送りです。


2年ほど前に、O師匠と鴨猟に行った時、銃を構えて撃つ寸前に遠く後方からおばあちゃんが来ました。
O師匠は、直ぐに止めようと言いました。

はやる気持ちを抑えるのも経験と感じる一日でした。

それから、土日の猟はやめた方がいいと感じる一日でした。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



新年の初猟(鴨猟) :: 2017/01/13(Fri)
※猟の話ばかりで、読者の皆様ごめんなさい。


新年の初猟(鴨猟)でございます。
朝、弟子と「今年初の猟じゃけー、とにかく今年も安全第一でいこー!」と言葉を交わして始まりました。

最初の池にマガモ、カルガモ、ホシハジロなど多数居ました。
幸先良くて今日はいいですね~

そして、私はカルガモと思い上空で一羽を止めました。
回収に向かうとホシハジロのメスでした。
残念ですが、これで鍋の材料はOKです。

20170111 (4)

続いて、池をいろいろ回りますが鴨が居ません。

20170111 (5)

いつも付いている池にも鴨が居ません。

20170111 (6)

弟子「こりゃーおえんな~」

20170111 (7)

次の池も付きが良いのにホシハジロのメスが一羽だけ「ぽつーん」って居ました。

起きたホシハジロを、弟子が3発撃ちましたが、、、、、綺麗に逃げて行きました。

管理者「なんしょんな! あげーええよーに起きておとせんやこーよほどの素人じゃねーか」

弟子「弾がおえん」

管理者「ウインチェスターの3号、36gでおえんわけねーじゃろーがー」

※弟子と面白おかしく言っているだけで本気ではございませんので悪しからず

 
はい!次の池に

20170111 (10)

お! 居るな

20170111 (8)

距離がある
対象がよく分からない

たぶん、ホシハジロのメス

20170111 (9)

その距離、80m
ここの池は攻め難い
今日は、この池はやめとこ!

新年会の鍋の材料も出来たしこれで十分です。

命に感謝して本日は終了としました。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



キンクロハジロの味 :: 2017/01/11(Wed)
※編集の都合上、昨年の話でごめんなさい。

12月30日、今年最後の猟となりました。

20161230 (9)

天の神、山の神、水の神に、お酒、りんご、みかんをお供えしました。
一年間の感謝と来年も使用させて頂くことにお願いをさせて頂きました。

弟子も一緒に手を合わせて入山です。

20161230 (10)

今年最後の猟です。
気合が入ります。

先ずは最初の池です。


「おや、、、、早速、カルガモが2羽」

群れで泳ぐ鴨は正体不明です。
小型の鴨で、分かりません。

20161230 (12)

群れの方をしっかり、じっくり確認しましたが距離があり、分かりません。

カルガモ二羽は奥に逃げて行き、この場は終り。

20161230 (17)

続いて、数か所の池を回りました。

そして、、、、、5か所目の池!  居ました。カルガモが2羽!



初矢を私が撃つ!

「バーン」

水面と土手との高低差がないこの池は、鴨に対する水面撃ちはあまり効果がありません。

鴨が立ちました。


弟子「バーン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


管理者「次を早く撃て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 心の中


管理者「早く撃て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 心の中


管理者「バーン」・・・・・・・羽が天からヒラヒラ落ちる。かすったか!


最大のチャンスを逃す。


管理者「何で、撃たなんだんなー。でーれーチャンスじゃったじゃねーか?」(※弟子の銃は3発撃てる。)


弟子「ポンプにしとったけー 焦ってしもーた、、、、」


管理者「はっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


※ポンプについてですが、西部警察の大門刑事が散弾銃をいつも振り回しているのを読者の皆様は御記憶にございますか?
※その散弾銃を、ポンプのようにハンドグリップを前後スライドさせて弾を手動で装填する方法の事。
※通常は、撃ったら次の弾は自動で装填されるので、わざわざ大門刑事のようにシコシコする必要はない。
※猟は、一瞬の勝負!ポンプを使用する猟師は居ないと私は思っている。


弟子「一度、ポンプをつこーてみてかったんよ(笑)」


管理者「おいおい、マジか・・・・・・・・・そげーなことーをする時は海鴨のとこでポンプをつかえーや」


新人の坊やを思い出すほど面白いことをしてくれて、笑って次の池に向かうのでした。

20161230 (23)

次の池では、キンクロハジロが泳いでいました。

弟子がその中の一羽を仕留めました。(キンクロハジロ・メス)

20161230 (24)

ズリの中には砂とドングリカスでした。
キンクロハジロは海鴨で、味の評価は最低です。

しかし、鴨3000羽師匠がいつも言うのが、「ええのが獲れなんだらミンチにして、生姜とネギをブチ込んでダンゴにして鍋にすりゃーうめんじゃ!」と教えてくれていました。

友人たちと新年会をするので、それまでに、もう1羽仕留めて鴨鍋にしてキンクロハジロの味をお伝えしたいと思います。


本日も安全に猟が出来た事と命に感謝して終わりとしました。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



冬場の猪は空腹 :: 2017/01/09(Mon)
ひこにゃんで有名な彦根城

20161228 (5)

猪が人を襲いました。

20161228 (6)

迷い込んできたのでしょうか?

20161228 (7)

腕の立つ猟師が仕留めたのでしょうか?

街の中で撃つのは跳弾が怖いです。

20161228 (8)

なかなかの大物です。

20161228 (9)

襲われた方は恐怖だったと思います。


  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



ポリパイの打ち込みコアを取る方法 :: 2017/01/06(Fri)
ポリパイの打ち込みコアを取る方法
多くの読者の皆様は、ポリパイの打ち込みコアが外せないでお困りの事と思います。

20161228 (1)

打ち込みコアは、一つ200円します。
失敗したり、施設を解体したりすればポリパイに付いているコアはそのままとなり捨てる事になると思います。
それは、もったいないですよね!

ポリパイを短く切り飛ばし、熱湯に入れます。
※3~5分待つ

20161228 (2)

そして、箸で取りだして写真のように切ります。

気を付けてください。
安定が悪いので、コキって行きますのでご注意を!

20161228 (3)

熱湯に入れていたので、キンキンに熱くなっています。

20161228 (4)

これでOK
1200円分回収です!

沢水を引く時にはポリパイは必需品です。
その時、必ず、私が言っている意味が分かると思います。
なので、打ち込みコアを外す方法を、その時の為にご記憶ください。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:2



御正月の山小屋生活終わる :: 2017/01/04(Wed)
清々しい朝日

綺麗な空気

山の中は神秘を感じます。


20170104.jpg

明日から仕事です。

掃除をして帰る準備をします。

現実の社会に帰ります。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



謹賀新年・その15 :: 2017/01/03(Tue)
木こりの真似事で汗をかきました。

2017010310 (11)

風呂に入ります。

2017010310 (12)

適温になりました!

2017010310 (15)

ザブ~ン!!!

あ~、いい気持ち!
もー 最高です!

2017010310 (16)

シリーズ・その8で失礼しましたので、私の●●●は風呂のフタで隠しました。
こんな、バカなブログですが、引き続きお付き合いください。ぺこり

これにて、謹賀新年シリーズ・・・・・「終」

ありがとうございました!

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



謹賀新年・その14 :: 2017/01/03(Tue)
木こりはやめた。

2017010310 (9)

チェーンソーにした。

2017010310 (10)

10分で全部切った。

2017010310 (14)

沢から雑木を全部ユンボで引き上げた。

やはり、機械のものです。
あー、スッキリ綺麗になりました!


※本日も、お正月特別バージョンでUPして参ります。

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0



謹賀新年・その13 :: 2017/01/03(Tue)
御正月で体が生っているので、バーコの斧で木こりでもしよーかと思います。

2017010310 (5)

木こりは木を切る~♪  へいへいほ~♪

2017010310 (6)

この雑木が目障りなので切る事にしました。

2017010310 (8)

こんな、ヒョロイ木がなかなか切れない。汗
ダメだ、2本切るだけでバテた。汗

  1. 自給自足の軌跡
  2. | trackback:0
  3. | コメント:0
次のページ